社会福祉公開セミナー・第5回福祉問題の検証シリーズ 「コロナに学ぶ-これからのソーシャルワーク実践」のご案内(日本ソーシャルワーカー協会)9.26

いわゆるコロナウィルス感染拡大(以下、コロナ)により、医療現場の窮状が伝えられるが、ソーシャルワークや社会福祉実践においても多大な影響を受けた。

しかし、そこではどのような生活課題が出現し、これまでの実践にどのように影響を与え、ソーシャルワーカーはどのようなジレンマを抱いたのか
あるいは、コロナにより最も被害を受けたのはどのような方々で、そこで課題となったことは何か
さらには今後、生活様式や社会構造が変化するのであるならば、その情勢に即した今後のソーシャルワーク実践はどう変わるのか

これらを今回のコロナに学び、今後のソーシャルワーク実践を考えなければならない時期にきている。
ソーシャルワークや社会福祉実践の様々な分野の現状とジレンマを理解し、それぞれの分野で表出した課題を共有しながら、「new normal」のソーシャルワーク実践は何をするべきなのかを共に考え、行動に移す機会とするために開催する。

■日時
2020年9月26日(土)14:00~15:30

■開催方法
オンライン研修(zoom)

■内容(オンラインによる対談方式)
セッション①:現状の理解(コロナによりどのような影響を受けたか)
セッション②:新たな課題(最も被害を受けたのは誰か、どのような課題が出現したか)
セッション③:今後の実践(コロナから何を学ぶか、今後のソーシャルワーク実践はどうなるか)

スピーカー:
保良昌徳(日本ソーシャルワーカー協会副会長)
毛利公一(日本ソーシャルワーカー協会理事)
高石豪(日本ソーシャルワーカー協会事務局長)

モデレーター:末永亜衣(日本ソーシャルワーカー協会常任理事)

■定員
50名(先着順/定員に達し次第締め切ります)

■参加費
当協会会員1,000円 / 一般参加1,500円 / 学生参加500円

■詳細
下記URLをご参照ください。
http://www.jasw.jp/

■問合
特定非営利活動法人日本ソーシャルワーカー協会事務
160-0008 東京都新宿区四谷三栄町3番7号 森山ビル4階 401号室
TEL:03-5913-8871 FAX:03-5913-8872 Email:jasw@jasw.jp