令和2年度 福祉ビジョン21世紀セミナー「~ウィズコロナ時代の社会福祉を展望する~」(全社協)1.29

新型コロナウイルスの世界的拡大により、社会には多くの制約がもたらされ、生活のあり様が大きく変わることとなりました。
コロナ禍において、生活困窮者の増大など、福祉ニーズはよりいっそう高まり、顕在化しているとともに、エッセンシャルワークである福祉の仕事の重要性が再認識される機会になっています。
そこで、本セミナーでは「福祉ビジョン2020」のめざしているものを概説するとともに、「ウィズコロナ時代」の社会・社会福祉のあり様について考察することを目的に、「令和2年度 福祉ビジョン21世紀セミナー」を期間限定の動画配信にて開催することといたしました。

■配信期間
令和2年12月21日(月)~令和3年1月29日(金)

■内容
基調講演:『全社協 福祉ビジョン2020』と社会福祉の展望
全国社会福祉協議会副会長 古都賢一

講演1:コロナ禍からみえる社会保障の役割と展望
早稲田大学法学学術院教授 菊池馨実氏

講演2:ウィズコロナ時代の新たな都市と地方の役割
京都大学教授 広井良典氏

講演3:コロナ禍における子どもの愛着形成
東京大学教授 遠藤利彦氏

■参加対象
①社会福祉法人・社会福祉施設等の役員・幹部職員
②都道府県・指定都市・市区町村社会福祉協議会役員・幹部職員
③社会福祉関係団体、民生委員・児童委員、学識経験者
④都道府県・指定都市・市区町村行政幹部職員

■参加費
2,000円(1名につき)

■申込方法
下記の申込フォームよりお申込みください。
申込フォーム: https://secure.try-sky.com/visionseminar/

■申込期限
令和2年12月11日(金)

■問合
全国社会福祉協議会政策企画部
〒100-8980 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル
TEL:03-3581-7889  FAX:03-3580-5721
E-mail:z-seisaku@shakyo.or.jp