公共交通活性化セミナー「Withコロナ時代の交通機関の感染対策」「新しい生活様式で描く地域公共交通の姿」(愛知県)1.15

公共交通は県民の生活や経済活動に必要不可欠な役割を担っており、交通事業者は、新型コロナウイルス感染症の拡大の中においても、必要な対策を講じた上で運行を継続しています。
しかし、利用者数が減少した状態が続いており、大変厳しい経営環境に置かれています。

そこで、この度、新型コロナウイルスについて正しく理解するとともに、公共交通の安全・安心な利用や今後のあり方を考える「公共交通活性化セミナー」を下記のとおり開催します。

■日時
2021年1月15日(金)14:00~16:30

■場所
愛知県産業労働センター(ウインクあいち) 9階 901会議室
(名古屋市中村区名駅4丁目4-38)

※YouTubeによる同時配信も行います。

■内容
講演1 「Withコロナ時代の交通機関の感染対策」
講師:公立陶生病院感染症内科 主任部長 武藤 義和(むとう よしかず)氏

講演2 「新しい生活様式で描く地域公共交通の姿」
講師:名城大学理工学部社会基盤デザイン学科 教授 松本 幸正(まつもと ゆきまさ)氏

取組紹介
交通事業者による感染症対策や、公共交通の活性化にかかる他自治体の先進事例などの紹介

■参加費
無料

■定員
会場参加:60名(申込先着順)
オンライン参加:制限なし

■申込期限
2021年1月8日(金)

■申込み・問合せ先
愛知県 都市整備局 交通対策課 地域公共交通グループ
ダイヤルイン 052-954-6124
FAX 052-961-3248
E-mail kotsu@pref.aichi.lg.jp

■申込み等詳細
https://www.pref.aichi.jp/soshiki/kotsu/20210115seminar.html

「公共交通活性化セミナー」参加者募集チラシ [PDFファイル/1022KB]