日本福祉教育・ボランティア学習学会「第1回ネットワークセミナー」(日本福祉教育・ボランティア学習学会委員会)7.19

福祉教育の価値とは~住民の主体形成の瞬間を紐解く~

福祉教育は「誰もが自分らしく暮らせる“共生社会”」の実性への理解促進と協働の力を育む人づくりの基盤となるもので、そのため、福祉教育に対する意識や価値の高まり、取り組み実践者である福祉教育推進員と学術的な観点をもつ研究者が理論をすり合わせることが重要です。
さらに、実践と理論の相関とその効果への理解が福祉教育推2者間で留まることなく、地域社会に浸透し、福祉教育を主体的に行うためには、住民をはじめとする多様な世代や人にとって“共感しやすい”言語で伝えていくことが必要になります。

ネットワーク委員会では、福祉教育の価値や理論を“つたえへの変換が、住民の主体形成にどうつながるのかを事例をもとに深めるセミナーをオンラインで開催いたします。

■日時
2024年7月19日(金)14:00~16:30

■開催方法
オンライン(Zoom)

■対象
日本福祉教育・ボランティア学習学会会員、福祉

■締切
2024年7月12日(金)

■協力
全社協 全国ボランティア・市民活動振興センタ

■主なプログラム
○パネルディスカッション:福祉教育の価値の言語化の必要~住民の主体形成に向けて~」
〔司会〕梅木 博志氏(横浜市社会福祉協議会)
〔パネリスト〕
畑 清美氏(三田市社会福祉協議会)
井上 正太郎氏(宮崎県社会福祉協議会)

○事例発表
子どもたちの声を聴くこと、多様性を認め合う~いじめ反対の意思を表示するピンクシャツデで~
坂本 大輔氏(登別市社会福祉協議会)

○事例振り返り
野尻 紀恵氏(日本福祉教育・ボランティア学習学会 会長

○グループワーク

○まとめ

■詳細・申込
下記URLをご参照ください。
https://forms.gle/w4Uf4u5dn2pVSVrZ9

■問合
梅木 博志氏(横浜市社会福祉協議会)
E-mail:fukushipractice-net1@yahoo.co.jp