多文化共生フォーラムあいち2017

外国人と日本人が共に暮らすために~ライフサイクルにおける継続的な支援から~

愛知県には、全国で2番目に多い22万人を超える外国人の方が暮らしており、近年、永住化や国籍の多様化が進んでいます。こうした中、これまで以上に国籍や民族などの違いを超えて相互に理解を深め、日本人県民と外国人県民がともに地域づくりを推進していく必要があります。
そこで、多文化共生社会の形成に向けて、すべての人に地域社会の一員として地域づくりに積極的に参加していただくため、11月の「あいち多文化共生月間」に合わせ、「多文化共生フォーラムあいち2017」を開催します。

今回のフォーラムでは、『ライフサイクルにおける継続的な支援から』をテーマに、地域に暮らす日本人と外国人が抱えている「子育て」「教育」「医療」「介護」などライフサイクルに直面する多様な課題を明らかにし、それを共有することで、お互いが歩み寄って暮らせる地域づくりについて考えたいと思います。多くの皆様の御参加を心よりお待ちしております。

■日時
平成29年11月18日(土) 午後1時から午後4時30分まで

■場所
名古屋国際センター 別棟ホール
名古屋市中村区那古野一丁目47番1号

■定員
250名(申込先着順)

■参加費
無料

■プログラム
13時00分~13時05分 知事挨拶
13時05分~13時30分 愛知県多文化共生推進功労者表彰
あいち多文化共生作文コンクール 優秀作品表彰・朗読
13時30分~14時40分 基調講演 大東文化大学 名誉教授・博士(学術) 川村 千鶴子 氏
『多文化“共創”になぜライフサイクルの視座が必要なのか!
~相互ケアは世界に連鎖する<あいちから世界への発信>~』
14時50分~15時00分 新あいち多文化共生推進プラン(仮称)について
15時00分~16時30分 パネルディスカッション 『乳幼児期からの子育てを考える』

■申込方法
参加申込書をダウンロードし、必要事項を記入の上、Eメール等でお申し込みください。
フォーラム2017ちらし
http://www.pref.aichi.jp/uploaded/life/174593_342008_misc.pdf[PDFファイル/2.84MB]

■問合せ先
愛知県 県民生活部 社会活動推進課 多文化共生推進室 多文化共生推進グループ
〒460-8501 名古屋市中区三の丸三丁目1番2号(愛知県本庁舎2階東)
TEL:052-954-6138  FAX:052-971-8736
Eメール:tabunka@pref.aichi.lg.jp

■詳細
http://www.pref.aichi.jp/soshiki/tabunka/tabunka-forum2017.html(外部リンク)