「『よい社会』をつくるためにNPOが、今できること」NPO法制定の意義に学び、NPOの今日的社会価値を創造するセミナー

NPO法の成立から20年経ちました。

NPOブームは去り、熱気は冷め、NPOに対する社会的な期待は、日々薄れているという人たちもいます。

そうした社会の中にあっても、私たちはなぜNPOにこだわって活動をするのか。阪神・淡路大震災から現在まで、一貫して日本の中間支援NPOをリードしてきた講師と共にNPOの今日的社会価値は何かを考えます。

 

■日時
2018年2月3日(土)14時30分から17時

■会場
名古屋市市民活動推進センター・集会室

■参加費
2,000円

■定員
60名

■対象
NPO役職員・ボランティア、行政NPO担当者、NPO支援に関わる専門家、NPO研究者、プロボノ希望者、地方自治体議員、社会のあり方について考えたい市民など

■講師
実吉威(認定NPO法人市民活動センター神戸・理事・事務局長、公益財団法人ひょうごコミュニティ財団・代表理事)

■申込・問い合わせ
東大手の会
〒453-0041名古屋市中村区本陣通5丁目6番地1 地域資源長屋なかむら1階
FAX 052-414-4684
Email higashiote@gmail.com

■詳細
http://blog.canpan.info/higashiote/archive/213(外部リンク)