JVOAD「第3回 災害時の連携を考える全国フォーラム ~つながりから協働へ」

毎年発生する風水害、南海トラフ地震や首都直下地震など、日本は多くの災害に脅かされるなかで、被害の軽減や災害からの復興などで支援者同士や行政との連携・協働が必要なことが確認されてきました。
この全国フォーラムは、官と民、民と民のつながりを協働へ発展させるため、災害時の連携をテーマに、最新の取り組み事例や今後の展開について、災害時の支援関係者“すべて”が集う場として開催されます。

■日時
2018年6月12日(火) 13:00~20:00(交流会 18:00~20:00)
2018年6月13日(水) 9:30~15:35

■会場
国際ファッションセンター 3階 KFCホール

■参加対象
災害時、被災者支援に関係する団体・機関、行政(国/地方自治体)・企業/経済団体・NPO/NGO・市民活動団体・社会福祉協議会・大学/研究機関・国際機関・職能団体(福祉、医療、法律分野などの関係者)・労働組合・協同組合・青年会議所・中間支援組織・助成団体など

■定員
300名

■参加費
2日間 10,000円、1日参加 7,000円、交流会 5,000円

■参加申込
Webサイトで申込書をダウンロードし、FAXを送信

■締切
2018年5月22日

■主催
全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)

■共催
内閣府政策統括官(防災担当)
災害ボランティア活動支援プロジェクト会議

■プログラム
詳細はWebサイト:http://jvoad.jp/forum/ (外部リンク)でご確認ください。

【6月12日】
*パネルディスカッション「災害対応と連携の新たな動き」
*分科会(5テーマで開催)
1:広域大規模災害に備えた多様な主体間の連携・協働の更なるチャレンジ
2:災害時に機能する都道府県域の支援ネットワークとは
3:東日本大震災における広域避難者支援
4:SDGs時代の企業の被災地支援とは?
5:被災者中心の支援とするために
*交流会

【6月13日】
*全体セッション「支援のコーディネーションが地域で機能するには」
*分科会(6テーマで開催)
6:避難所・避難生活における支援
7:災害時の支援コーディネーションに必要な情報の集約
8:災害対応における助成のあり方
9:災害復旧における技術系支援者との連携
10:災害支援者のためのメンタルヘルスケア
11:復興の課題解決のための担い手支援
*クロージング
「協働でつくる災害支援の未来」

■問い合わせ先
特定非営利活動法人全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)
〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル267-B
TEL:080-5961-9213 / E-mail:forum@jvoad.jp

■詳細
http://jvoad.jp/forum/ (外部リンク)