第24回地域福祉実践研究セミナーin愛知・半田 ~0歳から100歳のすべての人が安心して暮らせる地域づくりをめざして~

-地域共生社会の実現にむけた包括的支援体制の戦略-

今回の舞台となる愛知県半田市は、知多半島の中心に位置し、古くから栄えてきたまちであります。
そうした文化や伝統を背景に、市民活動・地域福祉においても、様々な取り組みが生まれています。
そうした点を大きなネットワークで結び、さらに半田市だけではなく、知多半島全体で、0歳から100歳の地域包括ケア
システムを目指しています。
「すべての人が安心して暮らせる地域づくり」をテーマに、今日的な政策と先駆的な実践、そして裏付けになる研究を重ねて、一人ひとりの参加者とともに学び合う機会としました。
ぜひ、ご参加ください。

■日時・会場
①8月31日(金)13時00分~17時30分 ≪全体会≫     アイプラザ半田
②9月 1日(土) 9時30分~17時00分 ≪ワークショップ≫   各会場
③9月 2日(日) 9時15分~12時15分 ≪全体会≫ 半田市役所大会議室

■内容
①≪全体会≫1日目
第Ⅰ部 半田市の取り組みの現状と課題
第Ⅱ部 包括的支援体制の構築にむけた論点は何か
第Ⅲ部 地域共生社会は日本の地域や福祉現場をどう変えていくか

コーディネーター
原田 正樹氏(日本地域福祉研究所理事・日本福祉大学)
平野 隆之氏(日本福祉大学)

②≪ワークショップ≫2日目
1 ふだんの生活の中での「ふくし共育」
2 防災・減災活動から見えてきた「地域福祉」
3 地域包括ケアシステムと地域住民の協働~半田市岩滑区の取り組み~
4 医療と福祉の連携~在宅での看取りをどう支えるのか~
5「0-100の地域包括ケア」を目指す地域づくり~空き家対策・居住支援の実践から考える~
6 総合相談支援体制と権利擁護
7 まちをよくするしくみ~“志金”ファンドレイジングについて~

③≪全体会≫3日目
ワークショップ報告シンポジウム、総括講演

■参加対象
行政職員、社会福祉協議会役職員、NPO法人・社会福祉法人等の職員、コミュニティ ソーシャルワーカー、地域福祉活動実践者、民生委員・児童委員、学校関係者、その他 地域福祉に関心のある方

■参加費
・一般(3日間):6,000円
・学生(3日間):2,000円
・1日のみ:3,000円

■申込締切
8月3日(金)

■申込方法
ホームページにて「参加申込書」「情報交換会・宿泊等のご案内」をご参照ください。
http://www.jicw.jp/csw/seminar01/archive/20180605.html

■問合せ先
社会福祉法人半田市社会福祉協議会
愛知県半田市雁宿町1-22-1 半田市福祉文化会館内
TEL:0569-23-7361/E‐mail:handa-syakyo@giga.ocn.ne.jp

■詳細
http://www.jicw.jp/csw/seminar01/archive/20180605.html(外部リンク)