平成30年度再犯防止シンポジウム~一般就労と福祉との狭間にある者への就労支援~

安全・安心な社会を実現するためには、国・地方・民間が一体となった再犯防止の取り組みが必要不可欠であり、とりわけ犯罪をした者等の再犯を防止するためには、安定した職業に就くことが重要です。
犯罪をした者等は、求職活動が円滑に進まない場合があること、障害の程度が福祉的支援を受けられる程度ではないものの、一般就労することも難しい者がいることなどが課題となっています。
本シンポジウムでは、犯罪をした者等の中で就労の確保が難しい「一般就労と福祉の狭間にある者」に焦点を当てて、支援の現状や課題等について議論し、最新の知見を紹介します。

■日時
2018年7月26日(木) 14:00から17:00

■会場
東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビルLB階
全国社会福祉協議会・灘尾ホール

■内容
①基調講演「農福連携の取組のいま」
講師:濱田 健司氏(JA共済総合研究所主任研究員/全国農福連携推進協議会会長)

②パネルディスカッション「再犯防止と福祉的就労」
・パネリスト
濱田 健司氏
中村 邦子氏(社会福祉法人白鳩会 常務理事)
杉山 章子氏(ミュージックセキュリティーズ株式会社取締役)
幸地 正樹氏(ケイスリー株式会社 代表取締役)
今福 章二氏(法務省大臣官房審議会)
・コーディネーター
田中 里沙氏(事業構想大学院大学 学長)

■定員
500名 (先着順・定員になり次第締め切り)

■申込期限
7月20日(金)

■申込方法
①氏名(ふりがな)②職業③年齢④電話番号を本文に記載のうえ、件名を『平成30年度再犯防止シンポジウム応募』として、下記アドレスまでメールを送信してください。
(Eメール:synpo-saihanboushi@i.moj.go.jp

詳しくは、ホームページをご覧ください。
(http://www.moj.go.jp/hisho/seisakuhyouka/hisho04_00038.html)(外部リンク)

■問合せ先
再犯防止シンポジウム事務局
(法務省大臣官房秘書課企画再犯防止推進室内)
TEL:03-3592-7007/FAX:03-3592-7009

■詳細
http://www.moj.go.jp/hisho/seisakuhyouka/hisho04_00038.html(外部リンク)