コソ研~コミュニティに強いソーシャルワーカーを養成する研修~のご案内

2016年の社会福祉法の改正により、社会福祉法人に対して地域における公益的な活動が責務として規定され、今や、どの施設・機関においても「地域」を基盤としたソーシャルワークが求められています。
本研修は、地域の様々な施設・機関に所属しているソーシャルワーカーを受講対象としており、2日間をとおして、複合的な課題や社会的孤立といった地域生活課題をチームで解決し、地域共生社会の実現に向けたソーシャルワークを展開すること
ができるソーシャルワーカーの育成を目的として実施します。
(本事業は「赤い羽根福祉基金助成金」を受け、実施いたします。

■日程会場
≪熊本≫  9月16日(日)・17日(月)熊本学園大学
≪宮城≫ 10月13日(土)・14日(日)東北福祉大学仙台東口キャンパス
≪広島≫ 11月10日(土)・11日(日)広島国際大学広島キャンパス

■内容
≪1日目≫10:30~18:00(予定)
①ソーシャルワークとは
・ソーシャルワーク、ソーシャルワーカーとは何か?
・自身の立ち位置の理解
②コミュニティ(地域)とは何か、そこで暮らすとはどういうことか
・地域への認識の振り返り
・地域・暮らしの場の理解
③コミュニティに対するソーシャルワークのアセスメントとは
・アセスメントの視点と方法の理解

≪2日目≫10:00~18:00(予定)
④地域を基盤としたソーシャルワークの全体像
・当事者、住民のエンパワメント支援
・地域生活支援、暮らしの場での支援
⑤ソーシャルサポートネットワークと社会資源開発
・個を支える地域づくり
・互酬性の役割
⑥「コミュニティに強い」ソーシャルワークの政策動向
・地域共生社会
・生活困窮者自立支援
・包括的支援体制
⑦「コミュニティに強い」ソーシャルワーカーになるために必要な力
・2日の研修の学びを振り返る

■対象
社会福祉士・精神保健福祉士として、基礎的なソーシャルワークの知識や技術を習得している方を受講対象としているため、実務経験5年前後の方、実務経験5年に満たない方、もしくは5年以上の方でも本研修の目的とねらいをご理解いただける場合は、受講可能です。

■定員
各会場とも 100名程度(申込は先着順・定員に達し次第、受付締切)

■受講料
各会場とも 10,000円(税・資料代込み)

■詳細申込
申込は会場ごとに受け付けています。受講を希望する会場のフォームにアクセスして、必要事項を入力してください。
詳しくは、ホームページをご覧ください。(http://jaswe.jp/kosoken

■課題
本研修は事前・事後課題を設定しています。
ご提出いただいた課題は、講師・委員間で共有し、当日の研修内容や運営の参考にさせていただきます。 ※現在準備中

■問合せ先
一般社団法人 日本ソーシャルワーク教育学校連盟
〒108-0075 東京都港区港南4-7-8 都漁連水産会館5階
TEL:03-5495-7242 / FAX:03-5495-7219