防災人材交流シンポジウム「つなぎ舎」

 防災・減災活動に従事している方々や地域団体、NPO・ボランティア団体、大学生、社会福祉協議会職員、行政職員等が一堂に会し、災害時にお互いに協力し合えるよう絆をつなぎ、強化するとともに、一般の方々といっしょに地域防災力の向上を図るため、シンポジウムを開催します。

■日時

平成30年10月8日(月・祝)午後0時30分から午後7時まで

■会場

メイン会場:オアシス21「銀河の広場」

サブ会場:名古屋栄ビルディング12階 会議室

■主催

防災人材交流シンポジウム実行委員会
(名古屋大学、愛知県、名古屋市、認定特定非営利活動法人レスキューストックヤード、あいち防災リーダー会、特定非営利活動法人あいち防災リーダー育成支援ネット、なごや防災ボラネット、特定非営利活動法人耐震化アドバイザー協議会、あいち・なごや強靱化共創センター)

■共催

一般社団法人日本損害保険協会中部支部、中日新聞社、一般社団法人国立大学協会

■参加費

無料(事前申込不要)

■主な内容(予定)

(1)基調講演

講師:歌うママ防災士 柳原 志保 氏

演題:「いつかでなく、今やろう!~東日本大震災・熊本地震から学ぶ~」

どうしたらすぐに防災に取り組めるのか、女性・母親の視点から日常生活の延長でできる事前の備えをゲームや体験を交えてお話をいただくとともに、最後に復興ソング「花は咲く」を歌っていただきます。

(2)最近の災害現場の状況に係る報告

防災関係者が平成30年7月豪雨・大阪府北部地震の災害現場の状況について報告します。

(3)愛知県の巨大地図を使ったワークショップ

愛知県の巨大地図(約20m四方)をオアシス21「銀河の広場」一面に広げ、愛知県の災害リスク(震度、液状化、津波浸水など)を来場者の方々といっしょに確認します。
また、夜間(18:15~18:50)には、巨大地図に震度、液状化、津波浸水などの分布を映像で投影するプロジェクションマッピングを実施します。

(4)防災人材大集合 分科会及び成果発表

防災・減災活動に従事している方々や地域団体、NPO・ボランティア団体、大学生、社会福祉協議会職員、行政職員等が、名古屋、尾張、海部、知多、西三河、東三河などの地域ごとの分科会を開き、「全ての人が防災の担い手になるには」というテーマで話し合い、成果を発表します。※分科会のみサブ会場で実施します。

(5)防災啓発ステージ

防災関係者が、防災啓発ソング、防災紙芝居などの防災啓発活動を実施します。
また、どなたでも参加できる「防災・減災クイズ大会」を実施し、優秀者には被災地の特産品をプレゼントします。

(6)防災啓発ブース出展

防災関係者が、耐震化無料相談、家具の転倒防止対策などの防災啓発ブースを出展します。

(7)パネル等の展示

(一社)日本損害保険協会主催の「ぼうさい探検隊マップコンクール」の作品や、中日新聞社作成の防災パネルなどを展示します。

■問合せ
あいち・なごや強靱化共創センター
電 話:052-747-6979

■詳細
http://www.gensai.nagoya-u.ac.jp/kyoso/seminar&event.html#tsunagiya(外部リンク)

■案内チラシ
tsunagiya_pamphlet