日本地域福祉研究所 2018年度冬の公開研究セミナー

地域社会で安心して暮らせる居住支援とコミュニティソーシャルワークのあり方を探る

本セミナーでは、全国の自治体における居住支援協議会の取組の動向を踏まえるとともに、地域において居住支援に先駆的に取り組んでいる事例から、これからの地域社会で安心して暮らすことを創り出す、居住支援とコミュニティソーシャルワ
ークのあり方を探ります。
多くの皆さんのご参加をお待ち申しあげます。

■日時
2018年12月22日(土) 12時45分開場 13時30分開会~17時閉会

■内容
○報告1 全国自治体における居住支援協議会の組織形態及び支援機能の動向
洪 心璐 氏
(法政大学人間社会研究科人間福祉専攻博士課程)

○報告2 地域から孤独な死を出さないまるごと安心住宅事業の展開
陶山 慎治 氏 (社会福祉法人悠々会 理事長)
鯨井 孝行 氏 (同会 居住支援コーディネーター)

○報告3 保証人不在や死後事務に取り組む包括的居住支援とコミュニティソーシャルワーク
栗田 将行 氏
(福岡市社会福祉協議会地域福祉課事業開発係長)

■会場
大正大学 7号館 731教室(東京都豊島区西巣鴨3-20-1)

■参加費
正会員(所員):3,000円  一般:3,500円

■申込方法
12月14日(金)までに研究所あてにFax、郵送、もしくはメールでお申し込みください。

■定員
130名(先着順)

■問合せ
特定非営利活動法人 日本地域福祉研究所
〒162ー0845 東京都新宿区市谷本村町3-27ロリエ市ヶ谷3階
TEL:03‐5225‐0237 / FAX:03‐5225‐0238
E-mail:jicsw@mx8.alpha-web.ne.jp