2回連続講座「地域をつなぐプロセスから学ぶ  ~気づいた課題を共有し、解決へとアプローチする力~」

「誰かの困りごとに気づいたら、地域の皆さんと共有し、様々な協力を得ながら、解決をはかりたい。」
こうしたプロセスをつくっていくことが、中間支援組織に求められています。

気づいた課題への理解をどう進め、協力に結びつけるのか、解決の輪をどのように開拓していくのかを、地域で活躍するコーディネーターの方をお招きし、実践例をもとにその役割や考え方を学びます。

■日時内容
①2018年11月21日(水)14:00~17:00
気づいた課題について、多様な人や組織と共有し、協力へと結びつけるプロセスを考えます。
講 師:村上 徹也 氏
ゲスト:杉並区社会福祉協議会 中島 篤 氏

②2018年12月6日(木)14:00~17:00
課題の解決策を探る中で、繋がりを 新たに広げ、社会資源化していくプロセスを考えます。
講 師:村上 徹也 氏
ゲスト:荒川区社会福祉協議会 鈴木 訪子 氏

■会場
両日とも、東京都生協連会館(東京都中野区中央 5-41-18)

■定員
30名(先着順)

■対象
地域住民やボランティア、市民活動団体と共に地域づくりをすすめる組織(中間支援組織)のスタッフ

■受講料
両日で6,000円

■申込締切
11月14日(水)※ただし定員になり次第締切

■申込方法
WEBサイトまたは申込み用紙によるFAXでお申し込みください。
(https://www.tvac.or.jp/special/im/stepup/)

■問合せ先
東京ボランティア・市民活動センター 支援力アップ塾担当
TEL:03-3235-1171 / FAX:03-3235-0050 /
E-mail:im@tvac.or.jp