「災害ボランティアセンター運営者研修」参加者募集

今年度は全国的に自然災害が多発し、各地に多くの被害をもたらしました。
現在、災害ボランティアセンターは、被災地の市区町村社協が中心を担い、平常時からの地域とのつながりや行政、NPOなどとの幅広いネットワークを活かし、多様な主体の協働により運営されています。
本研修は、災害ボランティアセンターを協働で運営することの意義、多様なニーズへの対応、情報発信のあり方など、被災者支援を進めていくため、災害ボランティアセンター運営者としての力量を高めることを目的に開催します

■日時
2019年1月22日(火)13:00 ~ 1月24日(木)14:30  3日間

■会場
TFT(東京ファッションタウン)ビル(東京都江東区有明)

■対象
(1)災害ボランティアセンターの設置・運営に携わることが想定 される方(市区町村社会福祉協議会及び都道府県・指定都市 社会福祉協議会の職員等)
(2)災害ボランティアセンターの運営支援にかかわるNPO・関係 団体の職員市区町村社協職員、地区社協のリーダー層、都道府県・指定都市社協職員、関心のある方等

■定員
300名

■参加費
12,000円(昼食代別)

■内容
・基調説明
・講義「災害ボランティアセンター運営の基本知識と姿勢」
・シンポジウム「今年度の被災地の現場から」
・講義「被災者中心の支援とは何か、どのように進めるのか」
・分科会
(「災害ボランティアセンター運営」「関係法・制度」 「チームマネジメント」「資源開発」等、 テーマ別に分科会を設定)
・講義・ワークショップ
「災害ボランティアセンターと情報・IT ~意思決定のための情報と先を見据えた情報発信~」
・ケーススタディ「官民・専門職との連携・協働」

■詳細申込
詳しくは、下記「地域福祉・ボランティア情報ネットワークホームページ」をご覧ください。
(https://www.zcwvc.net/)

■その他
研修受講を通じて、都道府県・指定都市内の社協職員による災害時支援のネットワークづくりなども意図しています。
そのため参加申し込みにあたっては、都道府県・指定都市社協から推薦をいただいております。
市区町村社協職員等の方で研修参加を希望される場合、都道府県・指定都市社協にお問い合わせください。

■問合せ
全国社会福祉協議会 全国ボランティア・市民活動振興センター
TEL:03-3581-4656 / FAX:03-3581-7858