平成30年度『認知症の人とともに暮らす地域づくりセミナー』参加者募集

「“認知症の人と家族の暮らしを支える”視点から早期対応のあり方を考える」

「認知症の人とともに暮らす地域づくり」をすすめるうえで、本人やご家族の想いに向き合い、寄り添う視点が重要です。そして、地域生活の継続を支えるために、心理・医療、社会参加、就労、経済保障等あらゆる分野における包摂的な支援の
視点が必要になります。
本セミナーは、早期対応の観点から認知症の人(当事者)と家族が住み慣れた地域で暮らし続けることができる地域づくりのヒントを得るための学びと、その共有を図ることを目的に開催します。

■日時
平成31年2月15日(金) 13:30~17:00

■会場
全国社会福祉協議会 会議室 (東京都千代田区霞が関3-3-2新霞が関ビル)

■内容
≪基調講義≫
「認知症対策の状況と、認知症の人とともに暮らすまちづくりに必要な視点とは」
認知症介護研究・研修東京センター 研修企画主幹 中村 考一 氏

≪パネルディスカッション≫
「“認知症の人と家族の暮らしを支える”視点から早期対応のあり方を考える
~「専門職から地域へ」「地域から専門職へ」 連携のための相互理解を深める~

・  「早期発見と早期対応」専門職チームの視点から
熊本県・荒尾市認知症初期集中支援チーム
荒尾こころの郷病院      作業療法士  松浦 篤子 氏

・  「気づく、つながる」地域の取り組みからの提言
~小地域福祉活動、地域福祉実践現場から~
茨城県・日立市社会福祉協議会 地域福祉係長 宮本  淳  氏

・  「認知症の本人と家族にやさしい地域づくり」の実践から
~認知症地域支援推進員の取り組みを中心に~
東京都・町田市いきいき生活部高齢者福祉課 地域支援係長 江成 裕司 氏

■定員
80名

■参加対象
認知症の人と家族への支援活動の実践者、中間支援組織、社会福祉法人・行政職員等

■参加費
3,000円

■申込締切
平成31年2月4日(月)
※定員に達し次第募集を終了する場合があります。

■申込等詳細
下記URLより開催要綱・参加申込書をダウンロードしてご確認ください。
https://www.shakyo.or.jp/news/20181218_ninchisho.pdf)(外部リンク)

■問合せ先
全国社会福祉協議会 高年・障害福祉部
TEL: 03-3581-6502 / E-mail: z-konen@shakyo.or.jp