2018年度 成年後見制度利用促進フォーラム

 ~中核機関の支援機能を担う人材育成に向けて~

成年後見制度利用促進基本計画を受け、各地において権利擁護支援の地域連携ネットワークの構築や中核機関設置に向けて、既存の支援の見なおしや体制整備に向けた取り組みが進められています。
成年後見制度利用促進支援機能検討委員会は、地域連携ネットワークにおける中核機関の支援機能について、権利擁護センター等への調査に基づき、自治体・中核機関職員に向けた「支援ガイドライン」と「研修プログラム」を開発しています。
この度、調査研究成果を報告するとともに、中核機関の支援機能を担う人材育成をテーマに、成年後見制度利用促進フォーラムを開催いたします。

■日時
2019年2月20日(水) 10:30~17:00 (受付10:00~)

■会場
KFCホール (東京都墨田区横網一丁目6番1号KFCビル3階)

■内容
○中核機関の支援機能を担う人材育成に向けて
新井 誠 氏(中央大学教授・本委員会委員長)

○中核機関に求められる支援機能
~権利擁護センター等への調査と支援ガイドラインについて~
山口 光治 氏(淑徳大学教授・ワーキンググループ委員会委員長)
成年後見制度利用促進支援機能検討委員会 委員・オブザーバー

○中核機関の支援機能を担う人材育成に向けて
~研修プログラムについて~
成年後見制度利用促進支援機能検討委員会 委員・オブザーバー

○診断書の改定と本人情報シートの導入について
最高裁判所 事務総局 家庭局(予定)

○モデル研修 中核機関の役割 ~権利擁護支援の方針についての検討・専門的判断~
星野 美子 氏(日本社会福祉士会)
住田 敦子 氏(尾張東部成年後見センター)
田邊 寿   氏(伊賀市社会福祉協議会)
矢澤 秀樹 氏(伊那市社会福祉協議会)

■対象
中核機関職員、自治体職員(都道府県・市区町村)、
成年後見・権利擁護センター職員、社会福祉協議会職員、専門職、
家庭裁判所職員、その他成年後見制度利用促進に関心のある方
■定員
250名

■参加費
無料

■申込
所定の申込書にてFAXまたは郵便にてお申込ください。

■詳細
詳しくは、下記ホームページをご覧ください。
http://www.jacsw.or.jp/ShogaiCenter/kensyu/honkai/senmon/index.html

■申込締切
2019年1月28日(月)まで(先着順)

■参加可否
参加の可否は、2月8日(金)頃までに文書にて通知します。

■問合せ
公益社団法人 日本社会福祉士会 生涯研修センター
〒160-0004東京都新宿区四谷1丁目13
TEL:03-3355-6541 /  FAX:03-3355-6543