第41回「全日本中学生 水の作文コンクール」を実施します

平成26年7月に施行された水循環基本法第10条において、国民の間に広く健全な水循環の重要性についての理解と関心を深めるようにするため、「水の日」が8月1日と定められました。
また、同法において国及び地方公共団体は、水の日の趣旨にふさわしい事業を実施するように努めなければならないとされています。
国及び愛知県では、この事業の一環として、次代を担う中学生を対象に、水について理解を深め、考える機会とする第41回「全日本中学生水の作文コンクール」を次のとおり実施します。

ポスター

■主催
水循環政策本部、国土交通省、愛知県

■後援
文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、環境省、愛知県教育委員会、水の週間実行委員会、独立行政法人水資源機構、全日本中学校長会

募集案内

■テーマ
「水について考える」 (題名は自由)

【以下の事がらについて調べたことや、生活の中で感じたことなどをもとに書いてみましょう】

・水の使われ方、生活、農業、工業などを支える水のこと
・水循環における川や森林の果たす役割
・ダムがもつ機能(水力発電、洪水調節や、生活、工業、水稲作、露地栽培に必要な水をためておくことなど)
・歴史的な水確保の方法、先人の苦労
・愛知用水、豊川用水、宮田用水、明治用水などができるまで
・渇水のときに苦労した話、水のありがたさ、節水の大切さ
・海外の水事情、海外の子どもたちの水汲みの仕事、等

■応募資格
県内の中学生
(平成31(2019)年度に県内の中学校に在学中の生徒、または、県内在住で同じ学齢の人)

■応募期間
平成31年4月1日(月曜日)から平成31(2019)年5月8日(水曜日)必着で応募してください。

■原稿の書き方と応募方法
・400字詰原稿用紙4枚以内で、日本語で書いてください。
・本文の前(原稿用紙枠内)に、題名・学校名(ふりがな)・学年・氏名(ふりがな)を記入してください。
・直接応募してください。(学校でとりまとめを行っている場合は、学校に提出していただいても結構です。)

■宛先
〒460-8501 (県庁住所は記載不要)
愛知県建設局水資源課 企画・調整グループ
電話 052-954-6118 (直通)

 

■参考

「水の日」「水の週間」のページへ

土地水資源課のトップページへ

■問合せ
愛知県 振興部 土地水資源課(平成31年4月1日以降は愛知県 建設局 水資源課)
企画・調整グループ
電話: 052-954-6118
E-mail: tochimizu@pref.aichi.lg.jp