愛知県防災教育センターで開催する体験講習会の受講団体を募集しています!

 2016年4月に発生した熊本地震では、家の中の家具等が倒れ、多くの方が負傷しました。地震の際に転倒や移動する恐れのある家具等を固定しておくことは、命を守るために欠かせない備えです。
そこで、愛知県では、南海トラフ地震等の大規模地震に備え、地域における家具固定の取組や自主防災活動を促進するため、下記のとおり愛知県防災教育センター(県消防学校内)において、県民の皆様からの申請に基づき、家具固定器具取付・ガラス飛散防止フィルム貼り体験講習会始め3つの体験講習会を開催しています。

現在、2019年度体験講習会の受講団体を募集していますので、是非、御応募ください。

■体験講習会の内容

○ 家具固定器具取付・ガラス飛散防止フィルム貼り〔所要時間:2~3時間〕
家具固定の実物見本展示や家具固定器具関連グッズ等を御覧いただくとともに、実習コーナーにおいて、家具固定のための下地探しや家具固定器具の取付の実習を行います。また、ガラス飛散防止フィルムの貼り方の実習も行います。
○ 避難所運営ゲーム(HUG)〔所要時間:2時間〕
避難所で起こる様々な出来事を疑似体験し、避難所の運営について、グループで考えるためのゲームです。
※ 「HUG」は、H(Hinanzyo避難所)、U(Unei運営)、G(Gameゲーム)の頭文字を取った名称。
○ 災害図上訓練(DIG)〔所要時間:2~3時間〕
地図上に与えられた被害状況や推測される状況を書き込み、それに対する対処方法をグループで討論しながら導き出す訓練です。
※ 「DIG」は、D(Disaster災害)、I(Imagination想像力)、G(Gameゲーム)の頭文字を取った名称。

■開催場所
愛知県防災教育センター(愛知県消防学校内)
〒488-0081 尾張旭市大字新居5182-1393

■受講対象者
県内の自主防災組織、学校、企業、地域団体等の概ね20名以上50名以下の団体
※ 家具固定器具取付・ガラス飛散防止フィルム貼りについては、概ね20名以上30名以下がより体験効果が高まります。

■講師
あいち防災リーダー会
※ 愛知県が平成14年度に実施した「あいち防災カレッジ」の修了者の有志により、防災リーダーのネットワーク化を図るため、平成15年に設立された団体。

■申請手続
体験講習会の開催希望日の原則2か月前までに、別紙「(様式1)愛知県防災教育センター体験講習会開催申請書」を愛知県防災局防災危機管理課啓発グループへ郵送、ファクシミリ又は電子メールで提出してください。
※ 申請が開催希望日の2か月前を過ぎている場合も相談に応じます。

■開催希望日時
毎日(ただし、12月29日から1月3日までを除く。)で、各日午前10時から午後4時まで。
※ 日程等の都合により、開催希望日に開催できない場合があります。

■費用
無料
ただし、災害図上訓練(DIG)については、受講者の負担により、受講者の住所地又は勤務地のハザードマップ及び白地図を御用意いただき、開催日当日お持ちください。

■申請・問合せ先
〒460-8501 名古屋市中区三の丸三丁目1番2号
愛知県防災安全局防災部防災危機管理課啓発グループ
電    話 052-954-6190
ファクシミリ 052-954-6911
電子メール bosai@pref.aichi.lg.jp(件名に【防災教育センター体験講習会】と記載してください)

■詳細
https://www.pref.aichi.jp/soshiki/bosai/bousaikyouikusenta30.html(外部リンク)