「支え合いを広げる住民主体の生活支援フォーラム」開催のご案内

新しい地域支援事業は、地域の多様なニーズに対応する住民主体の生活支援を拡充することが期待されており、各市町村では、今日までに多様な事業が展開されています。
また、平成30年4月には改正社会福祉法が施行され、地域共生社会の実現に向けた取り組みも進められています。このようななか、各地で既存の活動を活性化したり、新たに必要とされる活動やサービスを立ちあげたり、分野や課題を横断した取り組みなど、その実践活動にもさまざまな変化が生まれています。
本フォーラムでは、地域に必要とされ取り組まれている多様な実践を通じ、サービスの立ち上げや運営に役立つ情報、留意点、専門職や住民との協働のあり方について学びます。

■日時
2019年10月16日(水)9:00~16:00

■会場
全国社会福祉協議会 灘尾ホール
東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビルLB階

■対象
・生活支援コーディネーター
・住民主体による生活支援のサービスや活動に関心のある方
・助け合い活動、生活支援サービスを行うNPO、ボランティア団体、関係団体
・生協、農協、社会福祉協議会等関係者
・行政、自治体関係者

■定員
300名 ※定員になり次第、締め切りとさせていただきます

■参加費
3,000円
※前日の「生活支援コーディネーター研究協議会」から引き続き参加の場合は、2,000円(10月15日とあわせて5,000円)

■内容
○基調報告「住民主体の生活支援サービス実践団体からの提案
~住民主体の活動の発展と行政・社協による支援への期待~」
報告者:琉球大学客員教授 田中将太氏
○セッション企画「持続可能な活動とするために
~住民主体の生活支援サービスに求められる工夫を考える~」
第1セッション:訪問型サービス
第2セッション:食事サービス
第3セッション:移動・外出支援

■申込締切
2019年10月3日(木)

■詳細・申込
詳細および申込については、下記URLをご覧ください。
https://www.zcwvc.net/

■問合せ先
全国社会福祉協議会地域福祉部
TEL:03-3581-4655 FAX:03-3581-7858
E-mail:z-chiiki@shakyo.or.jp