「2020福祉教育・ボランティア学習のつどいinあいち・なごや~共生文化創造への途~」を開催します!!

 

1 メインテーマ
「共生文化創造への途」
2 開催主旨
2009年に「日本福祉教育・ボランティア学習学会第15回あいち・なごや大会」が開催されたことを契機に、大会テーマであった「共生文化創造への途」を掲げ、日本福祉教育・ボランティア学習学会と愛知県社会福祉協議会、名古屋市社会福祉協議会の三者によって「福祉教育・ボランティア学習のつどいinあいち・なごや」を積み重ね、2018年には「第24回あいち・なごや大会」が開催されるに至りました。
この10年間で福祉教育・ボランティア学習がどのように変化したのか実践事例からふりかえるとともに、今後の福祉教育・ボランティア学習の取り組みについてみなさまとともに考えます。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

■進行・プログラム
 開会(13時00分~13時10分)
主催者あいさつ
 第1部(13時10分~13時50分)
『あいち・なごやの福祉教育・ボランティア学習の到達点と今後の課題』
2009年に「日本福祉教育・ボランティア学習学会第15回あいち・なごや大会」が開催されてからの10年間、愛知県内では様々な福祉教育・ボランティア学習の取り組みが行われてきました。
それらの取り組みや変化、今後の課題等について、日本福祉教育・ボランティア学習学会、愛知県社会福祉協議会、名古屋市社会福祉協議会の三者それぞれの立場からの報告をもとにふりかえります。
[報告者]
後藤 康文 さん(岐阜協立大学)
西尾 浩志 さん(愛知県社会福祉協議会 地域福祉部)
小野 浩伸 さん(名古屋市社会福祉協議会 地域福祉推進部・ボランティアセンター)
原田 正樹 さん(日本福祉大学/日本福祉教育・ボランティア学習学会会長)
[進行]
川島ゆり子 さん(愛知教育大学/日本福祉教育・ボランティア学習学会理事)

 第2部(14時00分~16時00分)
円卓会議
「福祉教育・ボランティア学習〜私の10年、これからの一歩〜」
福祉教育・ボランティア学習のつどいinあいち・なごやの実施11年目を迎え、本会で発進してきたメッセージの効果や福祉教育実践の変化、そこに生まれた課題など現場で直面してきた社会福祉協議会職員それぞれの立場からこの10年をふりかえり、参加者とともに共有し語り合うことで得られた「もの」を次の時代への礎とします。
[登壇者]
野川 すみれ さん(名古屋市港区市社会福祉協議会)
櫻井  悟 さん (美浜町社会福祉協議会)
石井 太一 さん (岩倉市社会福祉協議会)
松本 涼子 さん (半田市社会福祉協議会)
[ファシリテーター]
野尻 紀恵 さん (日本福祉大学/日本福祉教育・ボランティア学習学会副会長)

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

3 主  催
日本福祉教育・ボランティア学習学会中部ブロック
社会福祉法人愛知県社会福祉協議会
社会福祉法人名古屋市社会福祉協議会
4 協  催
あいち・なごや福祉教育・ボランティア学習研究会
5 後  援
日本福祉大学、愛知県、名古屋市
6 開催日時
2020年2月8日(土) 13時00分~16時00分
7 会  場
日本福祉大学 東海キャンパス S301~303教室
8 参加対象
福祉教育に関心がある方または福祉教育の推進に携わっている方
市民活動や福祉活動に関わっている方、地域福祉に関心のある方
学校教員、行政職員、社会福祉協議会職員、福祉施設職員、社会教育関連職員など
日本福祉教育・ボランティア学習学会会員
9 参加定員
200名
10 参 加 費
無料
11交通案内・会場までのアクセス
会  場  日本福祉大学 東海キャンパス
所 在 地  愛知県東海市大田町川南新田229番地
アクセス  名古屋鉄道 常滑線・河和線「太田川駅」下車西口から徒歩5分
※日本福祉大学東海キャンパスには一般の駐車場がありませんので、公共交通機関をご利用ください。

2020福祉教育・ボランティア学習のつどい開催要項

03●参加申込(参加者→県社協)