つながろう、心で 広げよう、笑顔の助け合い! 「地域助け合い基金」で  コロナ禍を乗り越えて共生社会へ 立ち上げのお知らせ (さわやか福祉財団)

緊急事態宣言が解除された地域においてもまだまだ三密を意識しながらの予断を許さない生活が続きます。このような状況下、助け合いの現場でも各地で住民の皆様が働きかけてくださっている助け合いの灯を絶やさないよう、工夫を凝らしながら活動が行われています。
そこで当財団ではこの度、「地域助け合い基金 コロナ禍を乗り越えて共生社会へ」をスタートいたしました。本基金は、助け合いの現場におけるコロナ禍被害への支援及びその後の共生社会の実現に向けた活動助成となります。

■助成期間等
2020年5月18日から常時実施。
寄付は時期を問わず、配分は随時行います。

■対象団体(グループを含む)
非営利の組織であること。法人格の有無は問いません。

■選考基準
住民相互の助け合い活動を推進することにより、地域共生社会に資する活動であること等選考のポイントをもとに当財団の選考委員会で決定します。

■助成の対象活動と配分額等
地域で暮らす人同士の助け合い活動(つながりづくりを目的とした居場所・通いの場を含む)を対象とします。

〇コロナ禍対応助成(当分の間、優先配分)
・コロナ禍により被った助け合い活動の被害額の支援(活動関係者が自ら補填する額):上限の目安 20万円
・コロナ禍により生じた生活上の不便・不安を解消するための助け合い活動 上限 10万円
〇共生社会推進助成
・地域の助け合いを維持・発展する活動(新たに団体を設立する場合、または新たに活動を広げる場合等):上限 15万円

■詳細
詳細および申込関係書類のダウンロード等については下記の当財団HPをご参照ください。
https://www.sawayakazaidan.or.jp/news/donate/

■問合せ先
公益財団法人さわやか福祉財団
「地域助け合い基金」活用ご相談の専用電話 TEL:080-9277-4174
(平日 午前9時30分~午後5時30分)