「R6年能登半島地震 第2回 被災地社協・支援者からの現地状況報告会」のご案内(都道府県域本部のあり方勉強会 実行委員会)5.9

災害の発生から4ヶ月。
被災した方々のくらしの回復と地域の復興に向け、被災地域の社会福祉協議会では、職員自身の被災やライフラインの途絶といった困難な状況にもかかわらず、懸命の支援活動を続けています。全国からの応援も、企業・NPO・ボランティア・行政などセクターを問わず、長期にわたる支援活動が展開され、これからも継続していく予定です。

そんな中、「被災地ではない私たちができることは何か?」と考えた時、被災地の状況を知りたいと想いを寄せ続けている全国の社協の仲間と、被災地(被災県)社協や支援に入り現地の状況を伝え続けたいと思われている方たちをもう一度つなぐこと、情報を共有する機会をあらためて設けることが、広域機能として今やれることではないか…。
そんな想いから勉強会実行委員会で、第2回目の本報告会を企画しました。

今回は石川県社協の協力を得て、限られた時間ながらも被災当事社協からも、生の声を寄せていただきます。
被災地で支援活動を行っている方々から、あらためて、現地の状況を報告していただき、被災地の今の状況や想い、支援活動の状況を共有することで、全国の社協の仲間たちとともに、長期化が予想される支援に向けて、被災地や被災者に対する想いをつなぎ続けることを目的に開催します。

 

■日時
2024年5月9日(木)18:30~20:30(予定)

■開催方法
YouTubeによるライブ配信(限定配信)
*後日、アーカイブ配信有(令和6年5月23日まで配信予定)

■対象者
社会福祉協議会職員

■内容
①「石川県内の被災地全体の状況について」
李 仁鉄 氏 (県域支援P:にいがた災害ボランティアネットワーク 理事長)

② 「被災地域からの声」
中能登地域を中心とした被災地社協職員(調整中)

③ 「珠洲市および輪島市の現状について」
珠洲市社協・常駐支援P、輪島市社協・常駐支援P(調整中)

④ 「石川県社協の声」
南 亮 氏・瀧川 耕平 氏(石川県社協)

 

■申込方法
申込フォームにより受付

http://x.gd/z2ynu

■参加方法
①申込フォームによる受付時の完了メールにYouTubeライブ配信URLを記載していますので、お時間までにアクセスしてください。

②アーカイブ配信のみ視聴希望の場合も同様に申込みください。
申込締切 2024年5月23日(木)17:00
*アーカイブ配信終了時まで受付可能です

■主催
主催:都道府県域本部のあり方勉強会 実行委員会
協力:石川県社会福祉協議会・石川県内市町社会福祉協議会、全国社会福祉協議会

■問合
佐賀県社協 まちづくり課 小松
komatsu@sagaken-shakyo.or.jp

福岡県社協 地域・ボランティアセンター 山本
a-yamamoto@fuku-shakyo.or.jp

■詳細(*別添開催案内チラシ参照)
被災地社協・支援者からの報告会【第2回240509】