平成30年北海道胆振東部地震について

9月6日(木)未明に北海道で発生した地震は、胆振地方中東部で最大震度7を観測しました。
人的被害、建物被害が多く生じています。建物被害についての詳細な状況は、まだ把握されていません。
また、道内50か所の避難場所に、1,962人が避難をしています。(9月11日10時現在・北海道発表)

 

(参考情報)

◆北海道 胆振東部地震に関する情報 http://www.pref.hokkaido.lg.jp/

◆総務省 消防庁ホームページ http://www.fdma.go.jp/bn/2018/

◆内閣府 防災情報のページ http://www.bousai.go.jp/

被災地の災害ボランティアセンターの状況

 被災地の災害ボランティアセンターの状況 (厚真町、安平町、むかわ町が災害VCを設置)

厚真町(7日)、安平町(8日)、むかわ町(8日)では、災害ボランティアセンターを開設しました。
なお、現在被災地では一部で停電、断水等が続いています。また、被災地までの道路も損傷などしているため、これらの課題が解決せずに多くの支援を受け入れることができない状況です。

住民はもとより、支援に来られる方々の安全を第一に考え、現在、ボランティアの受け入れを調整している災害ボランティアセンターがあることをご承知おきください。

 被災地における災害ボランティアに関る情報については、全社協被災地支援・災害ボランティア情報で案内します。

◆全社協 被災地支援・災害ボランティア情報 (※災害ボランティアセンターの最新の情報を掲載)
https://www.saigaivc.com/(外部リンク)

 

◆厚真町

厚真町では、9月7日(金)に災害ボランティアセンターが設置されました。個人ボランティアについては、道内の方を対象にボランティアの事前登録を行っています。また、10日(火)から現地での災害ボランティア活動が開始しました。

詳細は、下記リンクをご参照ください。
・厚真町災害ボランティアセンター Facebook
・厚真町 HP

 

◆安平町

安平町では、9月8日(土)に災害ボランティアセンターが設置されました。現在、早期対応が必要なニーズについて事前に登録していただいたボランティアの方に連絡して活動を行っていただいています。

詳細は、下記リンクをご参照ください。
・安平町災害ボランティアセンター HP
・安平町災害ボランティアセンター Facebook
・安平町災害ボランティアセンター Twitter

 

◆むかわ町

むかわ町では、9月8日(土)に災害ボランティアセンターが設置されました。現在、ボランティアの受け入れに向けて準備を進めています。

・むかわ町社会福祉協議会 HP
 ・むかわ町 Facebook

 

(参考情報)

※災害ボランティア活動支援プロジェクト会議(支援P)では、北海道胆振東部地震被災地のボランティア活動に関する各市町村の状況を紹介するサイトを掲載しています。

(北海道胆振地方災害ボランティア情報:支援P)
https://iburi.shienp.net/

◆北海道社協の動き

 北海道社協では、発災直後から、道内にある14の地区事務所(石狩、渡島、檜山、後志、空知、上川、留萌、宗谷、網走、胆振、日高、十勝、釧路、根室)、及び行政と連絡を取りながら、情報収集を進めました。

北海道内の各市町村社協では、これまでに地域の方々と協力して要援護者宅の安否確認を進め、困りごとのある方への支援(断水による高齢者宅への支援)などを行っています。

北海道社協では、9月7日(金)に被害の大きかった市町村社協に職員を派遣し、被災地の社協と災害ボランティア活動について検討を進めています。また8日(土)からは、厚真町、安平町、むかわ町の各社協に道社協職員を派遣し、災害ボランティア受け入れ体制の整備を支援しています。

(北海道災害ボランティアセンターホームページ)(再掲)http://hokkaido-saigai-vc.jp/

◆北海道内の社協の動き

 厚真町、安平町、むかわ町の災害VCの設置、運営を支援するため、9月10日から道内の市町村社協の職員が応援を行っています。11日は3町に37人が応援派遣されています。

◆ 札幌市社協の動き

 札幌市では、清田区で液状化による住宅被害が生じているほか、北区では道路陥没が発生しています。

札幌市社協では、市内10の区社協と連携し、被災情報の収集を行っています。

(札幌市社会福祉協議会ホームページ)http://www.sapporo-shakyo.or.jp/