9月4日大雨(三重県)

 9月4日(水)夜から5日(木)朝にかけて、三重県内で局地的に激しい雨が観測されました。

現時点で県内では、四日市市、いなべ市、東員町、鈴鹿市、桑名市で住宅被害(半壊1棟、一部損壊1棟、床上浸水16棟、床下浸水28棟)が確認されています。(9月5日17時現在 三重県発表)

なお、現在のところ三重県内で災害ボランティアセンターが設置される予定はありません。

 

三重県社協の動き

 三重県社協では、県内の市町社協と連携しながら、被害や市町社協の状況について情報収集を行っています。

 

三重県内の市町社協の動き

<東員町社協>

東員町社協では、「被災者総合相談窓口 (とういん災害ささえあい相談所)」を開設しました。

 <四日市市社協>

四日市市社協では、地域の関係団体との協働により相談窓口を開設しました。

 

全社協の動き

 全社協では、三重県社協と連絡を取りながら、状況の確認を進めています。