知っておきたい心がまえ10ヶ条

 ボランティア活動には決まったルールや方法があるわけではありませんが、自分にとっても相手にとっても有意義な物になるよう、次のようなことに心がけましょう。

1 自分に合った身の回りのことから手がけましょう

 私達の身の回りには、身近な問題が顔を出しています。
ボランティア活動は、まずあいさつや、高齢者・体の不自由な人に席をゆずることから始めましょう

2 相手のニード(求めていること)にあわせて活動しましょう

 自分勝手な計画を立てたり、善意の名をかりて押しつけることはやめ、相手の立場になってものごとを考え行動しましょう。

3 無理のない計画を立てましょう

 自分やグループの力量にあわせて無理のない計画をたて、細く長く自分の生活のリズムに組み入れた活動にしましょう。

4 約束は守りましょう

 ボランティア活動は人と人との信頼によって成り立つものです。活動の場での約束は必ず守り、責任ある行動をとりましょう。

5 秘密は守りましょう

 ボランティア活動を通して、いろいろな人の悩みや問題の相談を受けることも多くあります。 しかし個人のプライバシーに関することは決して他言しないことです。秘密を守ることは、活動における信頼関係を深めることに不可欠でしょう。

6 たえず学習し、自分を成長させましょう

 ボランティア活動を続けていると、いろいろな問題にぶつかります。活動の反省をし、評価を行い、次の活動がより効果的に行われるように備えることが望まれます。そのためには、学習をしていかなくてはならないでしょう。

7 宗教や政治活動とは区別しましょう

 宗教的な心情や正義感からボランティア活動を志す人もありますが、自分の信仰している宗教や、支持している政党などを、ボランティア活動の中で相手に勧めたり強要してはいけません。信仰の自由、思想・信条の自由をお互いに守り、尊重しましょう。ボランティア活動は、人権尊重そのものであるという重い意味をかみしめましょう。

8 謙虚さも大切でしょう

 善意というものは、押しつけになればかえってマイナスです。決して”してあげる”という発想ではなく、協力者であり援助者であるという立場でたえず尋ねる姿勢、学ぶ姿勢が必要でしょう。

9 まわりの理解と協力を得ておきましょう

 家族の理解と協力を得ておきましょう。また、職場、学校などで理解と関心をもってもらうことが、ボランティアの輪を広げることにもつながります。

10 安全対策に十分配慮しましょう

 万一の事故に備えて安心して活動できるように活動場所の点検をしたり、事故が起こった場合の対応を学習することも必要でしょう。

もどる