「サンタが100人やってきた!2017」サンタボランティア募集!

ボランティア・サンタが東日本大震災被災地を訪問する恒例の復興支援クリスマスイベント「サンタが100人やってきた!」を、今年も開催します。


≪「サンタが100
人やってきた!」のきっかけ≫
きっかけは関東のボランティアKさんが震災直後に陸前高田市の避難所に派遣された看護師さんのブログを目にされたことでした。

避難所で看護師さんと仲良くなった小さな女の子が、お願いしてきたそうです。
「また冬になったらサンタさん来てくれるかな? おうちなくなっちゃったけどサンタさん、プレゼント持って帰ってしまわないようにお姉ちゃんから言っておいて」と。
思わず口にした「なにが欲しい?」との問いかけに、女の子の返事は「おうちとママ」。
母親は、女の子が大事にしていたお人形や絵本の入ったリュックを抱えて亡くなっていたそうです。

3月11日の震災は、試練というにはあまりにもむごすぎる体験を子どもたちに与えました。
発災から時間が経過していますが、心の傷はまだ消えてはいません。
子どもたちが、そしておとな達も、少しでも笑顔になれるようなクリスマスを今年もプレゼントしたいと思います。

 

■活動日時
2017年12月23日(土・祝)

■募集人数
100名

■ボランティア活動協力費
期間中のボランティア活動協力費は、会員や学生の方もふくめ一律1,000円です。プレゼントの購入資金などイベントの開催費用にあてさせていただきます。

■申込締切
12月12日(火)18:00
※締切前に定員に達しましたら、応募を締め切らせていただきます。

■その他
前日22日(金)と翌日24日(日)は準備や片付け、通常活動のボランティアがあります。
併せてご検討お申込みください。

■申込み等詳細
http://tonomagokoro.net/archives/61424(外部リンク)

■問合せ・連絡先
遠野まごころネット本部事務局
TEL:0198-62-1001(平日10〜18時)
http://tonomagokoro@gmail.com(外部リンク)

 

 

≪まごころサンタ基金≫

サンタが100人やってきた!からは、被災地の子どもたちを支援する「まごころサンタ基金」が生まれています。まごころサンタ基金は、被災地の子どもたちが学業をあきらめたりしないよう返済無用の奨学金を給付しています。
2012年の活動開始以来、岩手県沿岸9市町村(久慈市、野田村、田野畑村、宮古市、山田町、大槌町、釜石市、大船渡市、陸前高田市)出身の大学生、短大生、専門学校生等約450人を奨学生として採用してきました。
もし今年のサンタが100人やってきた!のご寄付が余りましたら、まごころサンタ基金で活用させていただきます。