「権利擁護・虐待防止2021」発行(全社協 政策企画部)

全社協では、権利擁護・虐待防止に関する取り組みの年報として、「権利擁護・虐待防止」を発行しています。本書は、この一年間の主要動向と課題、また関係省庁などの資料等を掲載しています。
2021年版では、福祉現場における権利擁護とは何かをあらためて概説するとともに、権利擁護・虐待防止等の現状と課題を全分野的に掲載しています。

■目次
Ⅰ.権利擁護・虐待防止の動向と課題
1.福祉現場における権利擁護とは
同志社大学社会学部教授 永田祐

2.高齢者への虐待未然防止に向けた支援者の視点
東北福祉大学准教授 認知症介護研究・研修仙台センター研究部長 吉川悠貴

3.障害者施設における虐待防止と対応
植草学園大学副学長 野澤和弘

4.子どものアドボカシーを考える―子どもの権利擁護に関するワーキングチームを通して―
関西学院大学名誉教授 前橋信和

5.生活困窮者自立支援制度の現状とこれからの課題
明治学院大学社会学部社会福祉学科教授 新保美香

6.権利擁護の視点から見る日常生活自立支援事業の現状と課題
明治大学法科大学院教授 弁護士 平田厚

7.福祉サービスの苦情の現状と課題
全国社会福祉協議会 政策企画部

Ⅱ.権利擁護・虐待防止 最新関係資料

■詳細
下記URLをご覧ください。
https://www.shakyo.or.jp/tsuite/jigyo/research/2021/210930kenriyougo/index.html

■問合
全国社会福祉協議会政策企画部
TEL:03-3581-7889 FAX:03-3580-5721
E-mail:z-seisaku@shakyo.or.jp