2022年度地域包括ケア全国実践研究集会(日本社会福祉士会)11.27

地域包括ケアを推進するためには、「本人の力や住民相互の力を引き出して介護予防や日常生活支援を進めていくこと、ひいては地域づくりを進めること」が重要だと言われています。
しかし、地域づくりの実践は紹介されますが、どのような地域の姿が望ましいのか議論されることは多くありません。
そこで今回は、自立支援や介護予防の視点だけではなく「生き心地の良さ」という視点からこれからの地域づくりのあり方や地域包括ケアについて考えるため、全国実践研究集会をオンラインで開催します。

 

■日時
2022年11月27日(日)13:30~17:40

■開催方法
オンライン(Zoom)

■参加対象
社会福祉協議会、地域包括支援センター、障害者相談支援事業所、児童相談所、自立相談支援機関、行政、サービス提供事業所、医療機関の職員など

■参加費
5,000円(都道府県士会会員)、10,000円(会員以外)

■定員
190名 ※先着順

■申込締切
2022年10月12日(水)16:00

■主なプログラム
〇基調講演「生き心地の良い町」から考えるこれからの地域づくり
講師:岡 檀氏(統計数理研究所医療健康データ科学研究センター)

〇パネルディスカッション「生き心地のよい町をつくる地域包括ケアの実践」
パネリスト:山端 聡氏(一般社団法人てとわ)、牧岡 英夫氏(共育ひろば)
コメンテーター:岡 檀氏
コーディネーター:梅本 政隆氏(地域創生Coデザイン研究所)

〇ディスカッション

■詳細
下記URLをご覧ください。
https://www.jacsw.or.jp/ShogaiCenter/kenshu/senmon/2022-0908-1428-24.html

■申込方法
下記URLよりお申込みください。
https://reg18.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=oard-lflbqh-7c867c3e29a290afe07bd392424fc4a9

■問合
公益社団法人日本社会福祉士会
TEL:03-3355-6541
FAX:03-3355-6543
E-mail:kenshu-center@jacsw.or.jp