第15回全国校区・小地域福祉活動サミット・オンライン(第15回全国校区・小地域福祉活動サミット実行委員会)12.11

標記サミットは、今年で15回目を数えます。全国の活動者がオンラインでつながり、今だからできる、今だから必要な校区・小地域における福祉活動について意見交換し、これからの実践に必要な視点や工夫などの気づきを得ながら、元気になることを目的として開催します。

■日時
2022年12月11日(日)10:00~16:00

■開催方法
オンライン(Zoom)

■参加対象
校区・小地域福祉活動に関心のある方ならどなたでも

■参加費
①個人参加/3,000円
②グループ参加/(10人以内:1万円、11~20人:2万円、以降10人ごとに1万円追加)

■締切
2022年12月7日(水)

■主なプログラム
メインテーマ:人とひとのつながりの再構築
〈午前〉
〇基調講演
牧里 毎治氏(小地域福祉活動を楽しむ全国ネットワーク 世話人代表/関西学院大学名誉教授)

〇分科会1 実践者同士がつながり、認め合い、語り合う分科会
「コロナでうまれたさまざまな活動や知恵と工夫を住民同士で語りましょう」

〇分科会2 「新たなつながりづくり、居場所づくりを実現するサロン活動とは」

〈午後〉
〇分科会3 「これからの地域づくりは子ども、子育て世代のつながりづくくり」

〇分科会4 「住民による外国籍の人の支援」

〇まとめの全体会

■詳細・申込
下記URLをご覧ください。
https://www.shouhuku.com

■共催
小地域福祉活動を楽しむ全国ネットワーク

■後援
全国社会福祉協議会

■問合
サミット事務局:特定非営利活動法人全国コミュニティライフサポートセンター(CLC)
TEL:022-727-8730
FAX:022-727-8737
E-Mail:action@clc-japan.com