【終了しました】2021年度「むすびえ・こども食堂基金」 (全国こども食堂支援センター・むすびえ)6.13

本助成は、イオン株式会社、株式会社エフエム東京、株式会社ファミリーマートからのご支援を原資に、コロナ禍におけるこども食堂の活動を資金支援するためのものです。
昨年度に引き続き、食材や消耗品費購入への助成、イベント開催への資金支援を実施します。

A:食材支援コース(上限20万円・75団体) 1,500万円
コロナの影響が長期化する中で、暮らしを支える必要性がますます高まっていますが、このような状況だからこそ、こども食堂を開催するもしくはフードパントリー等を実施する団体の食材費を支援します。
衛生用品等備品等の購入も可能ですが、助成総額の7割以上が食材費に充当されることを基準とします。

B:プログラム支援コース(上限10万円・25団体) 250万円
依然として3密を回避した新しい生活様式が恒常的に求められ、子どもたちが楽しみにしている学校・地域の行事の中止が相次いでいます。みんなが集まって思いっきり遊べない子どもたちに、こども食堂を通じて、楽しいプログラムを提供するための助成です。
感染対策を行いながら、夏休みの思い出づくりや音楽イベント、ハロウィンなどの季節ごとの楽しい思い出づくりを行う団体に助成します。

C:ひとり親支援コース(上限20万円・20団体) 400万円
特にひとり親家庭支援を中軸に置いたこども食堂・フードパントリー・宅食等の活動に対して助成します。対象を限定しない、いわゆるオープン型・共生型のこども食堂等であっても、参加者に占めるひとり親家庭の割合が高いこども食堂等であれば対象になります。

D:チャレンジ支援コース(上限400万円・6団体) 2,400万円
こども食堂がより一層地域に欠かせない存在(インフラ)となるために、こども食堂、こども食堂地域ネットワーク団体がハブとなり、地域の循環を創造することを目指すチャレンジを支援します。  本コースは、資金支援に加えて、定期的なミーティングなど非資金的支援(伴走支援)も含みます。

■対象団体
コロナ禍においても、こども食堂の事業を通じた食支援や居場所づくりを助成対象期間中に実施する団体(法人格の有無や活動年数は問いません)。フードバンク専門団体は対象外です。

■募集期間
2021年5月24日(月)〜6月13日(日)15時必着

助成対象期間
・A~Cコース:2021年7月1日から2021年12月31日まで(6ヶ月)
・Dコース:2021年7月1日から2022年6月30日まで(12ヶ月)

■問合
NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ
「2021年度むすびえ・こども食堂基金」事務局宛
Email:2021grant@musubie.org

■申込等詳細
https://musubie.org/news/3451/