政府備蓄米の無償交付のご案内(農林水産省)

農林水産省では、児童・生徒等に「米の備蓄制度」、「ごはん食の重要性」を理解していただくために、学校給食等に使用する米の一部に対し政府備蓄米を無償または有償で交付しています。(米粉パン等用も含まれます)

新型コロナウイルスの感染拡大を背景に、学校給食の補完機能を果たす「子ども食堂等」に加え、子ども食堂に集まりにくい中で、子育て家庭に食材を届ける「子ども宅食」の取組が拡大しています。
従前より政府備蓄米を活用して学校給食におけるごはん食の拡大を支援してきた無償交付制度の枠組みの下、子ども食堂等や子ども宅食においても食育の一環としてごはん食の推進を支援します。

・こども食堂に加えて、こども宅食も対象になりました
・こども食堂の上限は90キロですが、使い切ったら再申請可能です。

■交付の申請受付期間
(1)2021年7月1日(木)~8月13日(金)
※交付決定後、順次配送を行いますが、8月から9月は、夏季の品質劣化を回避するため配送を行いません。

(2)その後の申請受付期間(予定)
(ア)2021年10月~11月中旬
(イ)2022年1月~2月中旬

 

(参考)農林水産省HP「学校給食用等政府備蓄米交付について」
https://www.maff.go.jp/j/seisan/kokumotu/bichikumai.html

■詳細
こちらからご覧ください。