コロナ関連情報

コロナ関連情報

NPO法人・市民活動団体・ボランティア団体等が活用できる情報等、新型コロナウイルス感染拡大防止に対応する様々な情報をお届けします。

【厚生労働省から新型コロナウイルス感染症についてのお知らせ】

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html(外部リンク)
【新しい生活様式】(厚生労働省)
今後、日常生活の中で取り入れていただきたい実践例が示されています。
新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」を具体的にイメージしてみてください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_newlifestyle.html(外部リンク)

団体の活動に使える助成金等の情報

 

むすびえ・休眠預金通常枠「居場所の包括連携によるモデル地域づくり(全国)」(全国こども食堂支援センター・むすびえ)New

こども食堂運営団体、およびこども食堂を軸に、分野やテーマに限定されることなく居場所の包括連携を通じて地域(コミュニティ)づくりを行う事業で、実行団体が活動するエリア(地域)での取り組みが他地域に波及するための自律的かつ持続的な仕組みづくりに資する事業に助成します。

■期間:2021年2月17日(水)から3月8日(月)
■詳細:https://musubie.org/news/3041/


ドコモ市民活動団体助成事業 (モバイルコミュニケーションファンド) New

将来の担い手である子どもたちが夢と希望をもって成長していける社会の実現にむけ、経済的困難を抱える子どもを支援する活動など、子どもの健全育成に取り組む全国の市民活動を応援します。
新型コロナウイルス感染症により影響を受けている子ども等の実態調査活動も対象です。

■期間:2021年2月15日(月)~3月31日(水)
■詳細:https://www.mcfund.or.jp/jyosei/2021/no19/


緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金(経済産業省)

NPOも対象になります。
2021年1月に発令された緊急事態宣言※に伴う飲食店の時短営業や不要不急の外出・移動 の自粛により、売上が50%以上減少した中小法人・個人事業者等の皆様に、「緊急事態宣言 の影響緩和に係る一時支援金」を給付いたします。
なお、一時 支援金の給付要件等は、引き続き検討・具体化しており、変更になる可能性があります。

■詳細:https://www.meti.go.jp/covid-19/ichiji_shien/pdf/summary.pdf


新型コロナウイルス 飲食店応援プログラム(READYFOR)

新型コロナウイルスおよび緊急事態宣言の影響を受ける全国の飲食店を応援するためのクラウドファンディングプログラムです。
本プログラムが適用となった飲食店は、目標金額への到達の有無に関わらず集まった資金を受け取ることができるALL-IN形式が適用され、サービス手数料が無料となり決済手数料(5%)のみでクラウドファンディングの実施が可能となります。

■期間:2021年1月7日(木)から3月31日(水)
■詳細:(特設ページ・応募フォームURL:https://covid19.readyfor.jp/restaurant


◆「新型コロナウイルス感染症:いのちとこころを守るSOS基金」助成(READYFOR/東京コミュニティー財団など)

日本における新型コロナウイルス感染症の影響の長期化により負担を抱える人々への社会的支援に取り組む、各団体(個人を除く、任意団体や認定NPO法人、一般社団法人など)・事業者・医療機関などに対して、非営利の活動費用を助成します。

■期間:2021年2月3日(水)〜2月26日(金) 18:00まで
■詳細:https://share.hsforms.com/1IJ29uE-nTCa1w8jHZEsd-g49oce (外部リンク)


ライブエンタメ従事者支援基金「Music Cross Aid」第3回 ​公募(パブリックリソース財団)(終了)

新型コロナウイルスの感染拡大の影響及び感染症拡大防止策の影響で、活動の休止・中止・延期・休業・閉館に追い込まれた音楽ライブエンタテインメント関連の専門スタッフ(フリーランスの個人)、事業者を応援します。

■期間:2021年1月26日(火) ~ 2月9日(火)  17:00まで
■詳細:https://www.info.public.or.jp/musiccrossaid


◆第3回「withコロナ 草の根活動応援助成」(中央共同募金会)

withコロナの社会におけるボランティア団体・NPO等による新たな地域福祉活動への移行や組織づくりを応援します。

■期限:2021年1月25日(月)から2月25日(木)
■詳細:https://www.akaihane.or.jp/news/16926/(外部リンク)


◆「新型コロナウイルス感染症対応のための環境等の整備助成事業」組織・団体助成
(住民参加型在宅福祉サービス団体全国連絡会)(終了)

住民参加型在宅福祉サービス団体がコロナ禍に対応して活動に取り組むために実施する事業や事業実施のための環境を整備するための費用を助成します。

■期間:2021年 1月18日(月)から2月8日(月)
■詳細:https://www.sankagata.net/sankagata-zyosei2020/(外部リンク)


◆”ニッポンがんばれ基金” 助成(公益推進協会)(終了)

医療機関への医療用品(防護服)と使い捨てマスクの支援。
新型コロナウィルスの診療をしている日本の医療機関、新型コロナウイルスのクラスター発生を防ぐ必要がある介護、福祉施設、新型コロナウイルス患者と接する機会の多い民間救急など医療と連携の必要が ある法人、団体が対象です。

■期間:2021年1月18日(月)から2月15日(月)(当日消印有効)
■詳細:コロナに負けるな!『ニッポンがんばれ! 基金』 (外部リンク)


◆「だいじょうぶだよ!基金」ひとり親支援事業助成 第二次募集(シングルまざあず・ふぉーらむ)(終了)

新型コロナの広がりでお困りのひとり親家庭を支援する団体を応援します。

■期間:2021年1月12日(火)から2月2日(火)
■詳細:https://www.single-mama.com/topics/dkikin-josei2/(外部リンク)


◆新型コロナウイルスに関する事業助成(太陽生命厚生財団)

社会福祉の向上のため、地域に根ざした地道な活動を行う団体が対象です。
福祉事業を行うに際しての感染症対策の費用や、コロナ禍により経済的にお困りの高齢者や障がい者、児童等に対して福祉事業を行うための必要な費用を補助します。

■期限:2021年3月末日
■詳細:http://www.taiyolife-zaidan.or.jp/promotion_recruitment/index.html(外部リンク)


◆新型コロナウイルスに関する事業助成(調査研究助成)(太陽生命厚生財団)

福祉事業を行う上で障害となっている事項、新しい日常をどのように作り上げていくか等、各ボランティア団体からの声を聞くことは重要です。
コロナ禍での福祉事業の充実・向上のための調査、研究を行う費用を助成します。
非営利の民間団体等および個人が対象です。

■期限:2021年3月末日
■詳細:http://www.taiyolife-zaidan.or.jp/promotion_recruitment/index.html(外部リンク)


◆新型コロナウイルス対応緊急支援助成(ジャパン・プラットフォーム)(終了)

新型コロナウイルスの感染拡大等による休業や、失業などで生活状況が急激に悪化した人々が、『食支援』と『職や住に対する生活支援相談』につながることで、生きるために必要な食料やサービス支援を受けられるよう、人道的支援を行う団体活動の支援します。
対象地域は、東北、九州、沖縄です。

■期限: 2021年1月18日(月)から2月8日(月)(17時必着)
■詳細:https://www.japanplatform.org/contents/kyuminyokin/programs/covid19-2020.html(外部リンク)


◆休眠預金等活用事業・2020年度通常枠に基づく「地域の中小企業の社会事業化を支援する助成等を行う組織の設立支援事業」 (全国コミュニティ財団協会)(終了)

全国の地方都市、特に北陸、山陰、四国地方において、「概ね40歳未満の若者が中心の地域の課題解決に取り組む社会事業や中小企業の社会事業進出への資金支援を行う組織」の組織体制の確立と案件創出や資金調達等の組織機能強化を支援するためのスタートアップ支援助成を行います。

■期限:2021年1月15日(金)から2月15日(月)正午
■詳細:https://www.cf-japan.org/kyumin-grant-2020(外部リンク)


◆マルエツ・むすびえこども食堂基金mini(全国こども食堂支援センター・むすびえ)(終了)

マルエツ店舗の出店地域(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、栃木県、茨城県)のこども食堂の立ち上げや運営の継続を支援します。

■期間:2021年1月26日(火)から2021年2月15日(月)23:59
■詳細:https://musubie.org/news/2975/(外部リンク)


◆「ひとり親世帯臨時特別給付金」(愛知県)

新型コロナウイルス感染症の影響により、子育てと仕事を一人で担う低所得のひとり親世帯を対象に、支給されます。
※再支給分として基本給付分の給付額が追加で支給されることとなりました。
(追加給付‐新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が減少している方への給付‐)

■期間:2020年8月3日(月)から2021年2月26日(金)
■詳細:https://www.pref.aichi.jp/soshiki/jidoukatei/hitoriri.html(外部リンク)


◆「新型コロナウイルス感染症特別利子補助事業」(中小企業基盤整備機構)(終了)

日本政策金融公庫(日本公庫)、沖縄振興開発金融公庫(沖縄公庫)、商工組合中央金庫(商工中金)及び日本政策投資銀行の「新型コロナウイルス感染症特別貸付」・「危機対応業務(危機対応融資)」等の特別利子補給の対象となる貸付により借入を行った方のうち、一定の要件を満たす方に対し、貸付を受けた日から最長3年間にあたる利子相当額を一括して助成することにより、実質的な無利子化を実現するものです。

■期限:2021年12月31日
■詳細:https://tokubetsu-riho.jp(外部リンク)


「新型コロナウイルス感染症『医療崩壊』防止活動支援の助成プログラム」(Yahoo!基金)

新型コロナウイルス感染症の治療や感染対策に取り組む医療機関、介護施設を応援します。

■期間:
2020年12月15日(火)から2021年1月31日(日)
2021年2月1日(月)から2021年2月28日(日)
■詳細:https://kikin.yahoo.co.jp/support/covid.html(外部リンク)


◆愛知県障害福祉サービス等衛生管理体制事業費補助金《施設等衛生環境改善事業》(愛知県)

利用者に新型コロナウイルス感染症陽性者が発生した場合等において、施設等が感染拡大防止のため、事業者に依頼して建物や設備の消毒を行う経費について補助をします。
愛知県内(政令市・中核市を除く)に所在する障害福祉サービス等施設や障害福祉サービス事業所等を対象。

■期間:2020年10月12日(月)から2021年2月26日(金)
■詳細:https://www.pref.aichi.jp/soshiki/shogai/syougaifukushieiseihozyokin.html(外部リンク)


中小企業応援障害者雇用奨励金(愛知県)

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、障害者を取り巻く雇用環境は、今後も困難な状況が続くことが懸念されるため、一人でも多くの障害者の雇用の場を確保するという観点から、2020年10月、支給要件が見直されました。
障害者雇用義務の有無にかかわらず、全ての中小企業が対象となります。

■詳細:https://www.pref.aichi.jp/soshiki/shugyo/ouen.html(外部リンク)


家賃支援給付金 (経済産業省)(終了)

コロナ禍の影響により、売り上げの減少に直面する事業者の地代・家賃の負担を軽減することを目的として、賃借人である事業者に対して給付金を給付します。
NPO法人の事務所等も対象になります。

■期間:2021年2月15日(月)24時まで申請期限を延長しました
■詳細:https://yachin-shien.go.jp/index.html(外部リンク)


中小企業デジタル化応援隊事業(中小企業デジタル化応援隊事業事務局)(終了)

全国の中小企業・小規模事業者のさまざまな経営課題を解決する一助として、デジタル化・IT活用の専門的なサポートを充実させるため、フリーランスや兼業・副業人材等を含めたIT専門家を「中小企業デジタル化応援隊」として選定し、その活動を支援する取り組みです。
特定非営利活動法人も対象になります

■期間:2020年9月1日(火)〜2021年1月31日(日)
■詳細:https://digitalization-support.jp/(外部リンク)


生活福祉資金貸付制度における緊急小口資金等の特例貸付に係る受付期間の再々延長 

生活福祉資金貸付制度について、実施主体の愛知県社会福祉協議会では、「緊急小口資金」及び「総合支援資金(生活支援費)」の特例貸付を行っています。
この度、新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、以下のとおり取扱いを変更します。
■期間:2021年3月31日(水)まで
※当初の7月31日(金)までを、延長措置により、現在、12月31日(木)までとしていますが、2021年3月31日(水)まで再々延長します
■詳細:https://www.pref.aichi.jp/soshiki/chiikifukushi/tokureisaisaienchou.html(外部リンク)


◆持続化給付金 (経済産業省)

感染症拡大により特に大きな影響を受ける事業者に対して事業の継続を下支えし、再起の糧とするための 事業全般に広く使える給付金です。
一定の条件を満たすNPO法人については、寄付金等も売上に含めることができるようになりました。

■期間:2020年5月1日(金) から2021年1月31日(日)まで延長しました
■詳細:https://jizokuka-kyufu.go.jp(外部リンク)


◆地域助け合い基金(さわやか福祉財団)

■内容:助け合いの現場におけるコロナ禍被害への支援及びその後の共生社会の実現に向けた活動助成

■詳細:https://www.sawayakazaidan.or.jp/news/donate/(外部リンク)


◆新型コロナウィルス感染拡大に伴う社会福祉活動「緊急助成」(愛恵福祉支援財団)

■内容:新型コロナウィルス感染拡大による影響を受けて、緊急な対応を迫られている地域や施設の社会福祉活動や社会福祉施設等の事業に対して、助成を行います。

■期間:第1回目:2020 年7月1日から7 月10日、当日消印有効(以降、8 月、9 月、10 月受付予定)
■詳細:http://www.aikei-fukushi.org/?p=1536(外部リンク)


◆愛知県文化芸術活動応援金(愛知県)

■内容:新型コロナウイルス感染症拡大により大きな影響を受け、今後の活動継続が懸念されている愛知県の文化芸術活動関係者を支援します。

■期間:2020年6月17日午前9時から2021年2月28日
■詳細:https://www.pref.aichi.jp/soshiki/bunka/bunkaouenkin2020001.html(外部リンク)

その他の情報

 

新型コロナウイルス 飲食店応援プログラム(READYFOR)New

新型コロナウイルスおよび緊急事態宣言の影響を受ける全国の飲食店を応援するためのクラウドファンディングプログラムです。
本プログラムが適用となった飲食店は、目標金額への到達の有無に関わらず集まった資金を受け取ることができるALL-IN形式が適用され、サービス手数料が無料となり決済手数料(5%)のみでクラウドファンディングの実施が可能となります。

■期間:2021年1月7日(木)から3月31日(水)
■詳細:(特設ページ・応募フォームURL:https://covid19.readyfor.jp/restaurant


◆番組のおしらせ「これならできる withコロナ時代のこども食堂-小児科医に聞く感染症対策-」
(全国こども食堂支援センター・むすびえ)

「感染防止の対応が難しい」というこども食堂のみなさんの声にお応えして、作られました。
正しい知識でコロナ対策を行えばこども食堂の開催をおそれることはありません。現役小児科医の藤岡雅司医師が直接こども食堂に出向き、運営者の相談にのってくださいました。

■詳細:https://musubie.org/news/2882/(外部リンク)

■関連するURL
・こども食堂向け 新型コロナウイルス感染症対策 安全・安心自己点検シート
https://musubie.org/wp/wp-content/uploads/2020/12/kansensyo_checkseat.pdf(外部リンク)

・こども食堂 感染症対策宣言ステッカー
https://musubie.org/wp/wp-content/uploads/2020/12/kansensyo_sticker_fix.pdf(外部リンク)


◆新型コロナウイルス感染症者等生活支援事業
-蒲郡市社協ではお買い物支援を行います-(蒲郡市)

蒲郡市社協では、新型コロナウイルスの感染者・濃厚接触者として保健所から自宅待機を求められ、生活に必要な食料品や日用品等の調達にお困りの方に買い物を行い自宅にお届けするサービスを行います。

■詳細:http://www.sangyou.nrc.gamagori.aichi.jp/syafuku/pdf/seikatsushien.pdf(外部リンク)


◆新型コロナウイルス感染症緊急支援事業(東浦町)

東浦町社会福祉協議会では保健所から感染者・濃厚接触者と認められ自宅待機を要請された町民とその同一世帯のご家族であって、親族等によるサポートを受けることができない方を対象に、①買い物代行 ②薬(処方箋医品)の受け取り代行の緊急支援を実施します。

◆詳細:http://blog.higashiura-syakyo.com/?eid=286(外部リンク)


◆新型コロナウイルスの影響により、生活に困っている方への食料の寄付募集中!!【延長しました】(大府市社協)

7月より開始した、新型コロナウイルスの影響により、生活に困っている人たちに食料支援の募集期間を延長します。 たくさんの人たちに支援が届くよう食料の寄付にご協力をお願いいたします。

■期間:2021年3月31日(水)まで
■詳細:https://www.obu-shakyo.com/topics/ct7554(外部リンク)/


◆おたがいさま会議開催中!参加者・支援者を募集中!!(NPOおたがいさま会議)

コロナ渦における課題を抽出し、できることから支え合うプラットフォーム@愛知を開催しています。
新型コロナウイルスの影響は、生活困窮者や子ども、高齢者、障がい者、女性、外国人などの社会的弱者をますます追い詰めています。NPOや市民団体は、そうした人たちを支援する存在ですが、コロナ禍で、いまだ思うように活動ができていません。

様々な分野の課題を抽出し、参加者は、その課題に対して、自分たちならどう支援できるのか、どのようなことが可能なのかなどの解決策を『おたがいさま』の気持ちで一緒に考えていきます。

2月のテーマは「コロナ禍の企業とNPO」です!

興味のある方は、下記の公式ホームページよりお申込みください。

■会場:オンライン(ZOOM)
■日時:毎週火曜日16:00から17:00
■詳細・申込:http://otagaisama-aichi.xxxx.jp/(外部リンク)


あいちこころのサポートLINE相談(愛知県)

新型コロナウイルス感染症の収束が見通せない中、社会経済的ダメージや生活様式の変容により、ストレスが長引くと、心身の変化や不調(不安、いらいらしやすくなる、自責的になる、不眠、食欲不振など)が現れ、うつ病等精神疾患の発症にもつながります。

こうしたこころの変調を早い段階で相談をすることは、うつ病等の発症や重症化を予防することになります。また、自殺に傾くことを防止することにもつながります。

そこで、愛知県では、夜間・深夜帯にもこころの相談ができるよう、LINEによる相談を実施します。

■相談日時:2020年11月5日(木)から開始
○毎日:20時から0時(最終受付23:30)
○毎週月曜日:0時から8時(最終受付7:30)

■対象:愛知県に在住、在勤、在学の方
※上記以外の方は、お住まいの自治体や厚生労働省のホームページをご確認ください。

■相談方法等詳細:
https://www.pref.aichi.jp/soshiki/imu/kokoronosapo-to-line.html(外部リンク)


新型コロナウイルスを題材とした福祉教育の教材ができました!
「あなたのまちでやさしさをひろげるために-思いやり・つながり・支え合う-(福祉教育教材)」

(全国福祉教育推進委員会)

コロナ禍においてコロナウイルスに感染したひとへの差別について問い、ハンセン病の歴史などへ焦点を当て、子どもたち自身が自分を見つめ、自分の周りにいる人を見つめ、自分の住んでいる地域や地域の方に目を向け、「ふくし」について学び、自分たちで考える教材となっています

■詳細:https://www.zcwvc.net/anatanomachideyasashisa/hirogeru/(外部リンク)


「withコロナ期における雪かき活動ガイドライン(第1版)」(日本雪工学会)

コロナ禍における初めての冬をむかえるにあたり、「ガイドライン」を取りまとめました。
①できることを考え、できることから!
②「安全確保」とともに「不安の解消」を!
③「感染の防止」に加え「世間への対応」を!
④withコロナ期だからこそ、新たな可能性に挑戦!
⑤「雪かきで地域は育つ」の流れを止めない!
を基本姿勢として、「感染予防の徹底」「安心と納得感」「ボランティアと受益者の交流」を柱にまとめています。

また、巻末にはチェックリストなど、活動に役立つツールがセットされています。

■詳細:http://www.snoweng.org/?page_id=2383(外部リンク)(ダウンロード可能)


withコロナ 新しい生活様式で進める地域づくり-地域共生社会を見据えた地域活動のヒント集-(全国コミュニティライフサポートセンター)

緊急事態宣言下での活動から、休止した地域活動の再開、さらには地域共生社会を見据えた地域活動とは?
コロナ禍で浮き彫りになったつながりのたいせつさを事例+解説でひもときます。

■詳細:https://www.clc-japan.com/books/detail/4137(外部リンク)


◆「withコロナの時代を支える社会貢献セミナー」オンライン開催《参加無料》(中央共同募金会)

中央共同募金会では、コロナ感染下での福祉活動を応援する募金と助成を展開してきました。
本セミナーでは、広く皆様からご支援いただいた本助成プログラムの中間報告を行うと共に、コロナ禍における社会課題の実情を活動団体の事例から汲み取り、また、企業においてはどのような社会貢献が実践され今後必要とされるか、「withコロナの時代を支える社会貢献活動」について、活動団体、企業、助成団体、それぞれの立場から共に考え、今後の実践につなげます。

■日時:令和2年12月21日(月)15:00から17:15
■詳細・申込:https://www.zcwvc.net/(外部リンク)


◆「令和2年度 福祉ビジョン21世紀セミナー -ウィズコロナ時代の社会福祉を展望する-」開催(全社協)

コロナ禍において、生活困窮者の増大など、福祉ニーズはよりいっそう高まり、顕在化しているとともに、エッセンシャルワークである福祉の仕事の重要性が再認識される機会になっています。

そこで、本セミナーでは「福祉ビジョン2020」のめざしているものを概説するとともに、「ウィズコロナ時代」の社会・社会福祉のあり様について考察します。

期間限定の動画配信にて開催することといたしました。

■配信期間:2020年12月21日(月)から2021年1月29日(金)
■詳細・申込:https://www.zcwvc.net/(外部リンク)


◆〔オンラインで一緒に学ぼう〕3つのテーマで対談を企画(日本ボランティアコーディネター協会)

■内容:コロナ禍でも工夫しながら新たな活動を生み出しているボランティアコーディネーターの実践者に光を当てて、その知恵と工夫について各地の実践者に話題提供いただきます。

○第1弾「ここだけの話、コロナ禍で若者の社会参加支援はいかに?!」
○第2弾「ここだけの話、コロナ禍でまちづくり・ひとづくり活動はいかに?!」
○第3弾「ここだけの話、コロナ禍でボランティア活動推進は不要不急か?!」

■日時
○第1弾:2020年12月14日(月)14:00から15:45
○第2弾:2020年12月9日(水)19:00から21:00
○第3弾:2020年12月23日(水)19:00から21:00

■詳細:https://jvca2001.org/post-3854/(外部リンク)


◆第32回近畿地域福祉学会奈良大会【オンライン開催】(奈良県社協)

■内容:コロナ禍で揺れる地域福祉実践現場の取組から、今問われている「地域福祉の真価と可能性」を考えます。近畿ブロック以外の皆様も参加できます。

■日時:2020年12月19日(土)12:30から16:30
■詳細:https://nara-shakyo.jp/pages/261/(外部リンク)


◆「子育て・まちづくり支援プロデューサー」オンライン・シンポジウム」(あい・ぽーとステーション)

【テーマ】ウィズ・コロナ すべての人に「居場所」を
-シニア世代がひらく共生社会への道-

■内容:
①「居場所」をどう見つけていくか、
②各地での果敢な実践例をさぐる、
③シニア男性の社会参加に先駆けてきた「まちプロ」をモデルに、地域貢献の活動を深化させる道を探ります。

■日時:

○第1回「新しい共生のカタチへ」  2020年11月7日(土)15:00から16:30
○第2回「新時代への種まきプロジェクト」  2020年12月12日(土)15:00から16:30
○第3回「まちプロ全国展開へ」   2021年1月24日(日)15:00から17:00

■詳細:https://www.ai-port.jp/main/word/machi-shinpo2020.pdf(外部リンク)


延長されました 電話・オンラインによる無料法律相談のご案内(法テラス)

■内容:新型コロナウイルス感染症対策として、面談のほか、電話やオンラインでの法律相談も行っています。

コロナによる減収の解決は、給付金・貸付金だけではありません。
電話・オンラインによる相談ですので、近くに弁護士等のいない地域の皆さまも、広く全国で利用可能です。

■期限:令和3年3月31日まで

■利用方法
①0570-078374にお電話
②オペレーターに、法テラスの電話等無料相談の希望を伝える
③相談日時等を地方事務所で調整

■詳細
法テラス電話等相談チラシ(多重債務編)(PDF:408KB)(外部リンク)

法テラス電話等相談チラシ(労働問題編)(PDF:397KB)(外部リンク)

法テラス電話等相談チラシ(養育費編)(PDF:409KB)(外部リンク)

■問合せ先:法テラスサポートダイヤル
TEL:0570-078374(平日9時から21日  土曜9時から17時)


◆新型コロナウイルス感染拡大防止に配慮した地域住民等による福祉活動・ボランティア活動の進め方」(全社協)

■内容:全社協地域福祉部では、新型コロナウイルス感染状況等を踏まえ、「新型コロナウイルス感染拡大防止に配慮した地域住民等による福祉活動・ボランティア活動の進め方」をとりまとめました。

各地の感染状況等を勘案しながら創意工夫をこらして、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に配慮した地域住民等による福祉活動・ボランティア活動の推進の参考にご活用ください。

■詳細:地域福祉・ボランティア情報ネットワーク
https://www.zcwvc.net/(外部リンク)


◆緊急レポート「私たちもコロナとたたかっています」
-アジア社会福祉従事者研修 修了生ビデオメッセージ-
(全社協)

■内容:新型コロナウイルス感染症は、アジア各国においても深刻な影響をもたらしています。 今、コロナ禍でどういった状況にあるか、アジア社会福祉従事者研修の7ヵ国の修了生からのメッセージと活動内容の映像レポートをお届けします。

■詳細:https://www.shakyo.or.jp/bunya/kokusai/covid-19_video.html(外部リンク)

 

「社協職員の被災地応援派遣における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」(全国ボランティア・市民活動振興センター)

■内容:「社協職員の被災地応援派遣における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン【第1版】」を作成しました。コロナ禍における社協職員によるブロック派遣を行う際の、派遣前・派遣中などの新型コロナウイルス感染予防のための考え方をまとめたものです。

■詳細:https://www.saigaivc.com/covid19/(外部リンク)


◆【車検困難者を救え!】新型コロナウイルスサポートレンタカー(日本カーシェアリング協会)

■内容:新型コロナウイルスの影響を受け車検代を捻出できない方、もしくは既に車を手放された方を対象に、急場をしのぐための車として無料で最大3カ月貸し出す支援

■詳細:https://www.japan-csa.org/blog/archives/1686(外部リンク)


◆地域の通いの場の再開に向けた住民向けの実践の手引き「通いの場×新型コロナウイルス対策ガイド」(東京都健康長寿医療センター研究所)

■内容:
「地域の通いの場」を主催する住民リーダーや生活支援コーディネーター等の支援者が、新しい日常生活様式を踏まえ、再開に向けての実践で活用可能な「通いの場×新型コロナウイルス対策ガイド」「概要版チェックリスト」を作成しました。

■詳細:https://www2.tmig.or.jp/spch/index.html(外部リンク)


◆子ども食堂等に対する政府備蓄米の無償交付に係る申請先について
-社会福祉協議会では対応しておりません-(全社協 地域福祉部)

■詳細:https://www.shakyo.or.jp/info_bichikumai.pdf(外部リンク)


◆「新型コロナウイルス」NPO支援組織社会連帯(CIS)

■内容:全国のNPO支援センター有志による支援情報サイトです。
新型コロナウイルスによって影響を受けているNPO(市民活動団体)に役立つ情報が掲載されています。

■詳細:https://stopcovid19-for-npo.jp/(外部リンク)


◆新型コロナウイルス経済対策 スポーツ団体・個人向け支援策・お問合せ一覧(スポーツ庁)

■内容:NPO法人による運営が多い「総合型地域スポーツクラブ」や様々なスポーツ団体向けの情報がまとまっています。

■詳細:https://www.mext.go.jp/sports/b_menu/sports/mcatetop01/list/detail/jsa_00008.html(外部リンク)


◆新型コロナウイルスの影響を受ける文化芸術関係者に対する支援情報窓口(文化庁)

■内容:NPO法人を含めた文化芸術・アート等に関係する団体・個人への支援施策がまとまっています。

■詳細: https://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/sonota_oshirase/202002(外部リンク)


◆「新型コロナウイルス 避難生活お役立ちサポートブック」(全国災害ボランティア支援団体ネットワーク)

■内容:避難生活がはじまった時に、新型コロナウイルスを始めとする感染症の予防や蔓延防止のために、『知っていれば、誰でもできるちょっとした配慮』を分かりやすくまとめています。

■詳細:http://jvoad.jp/wp-content/uploads/2020/05/acaeac91791746611926b34af7d61c4d-1.pdf(外部リンク)


◆災害対応ガイドライン(全国災害ボランティア支援団体ネットワーク)

■内容:新型コロナウイルスの感染が懸念される状況におけるボランティア・NPO等の災害対応ガイドライン
ボランティア・NPO 企業等の方々、および新たに災害時の支援を検討される「支援者」を対象に、新型コロナウイルス影響下での災害対応の判断基準となる指針が記載された資料

■詳細:http://jvoad.jp/wp-content/uploads/2020/05/5482e1b5867b2d7a531066d890ad0720.pdf(外部リンク)


◆災害対応ガイドライン-チェックリスト(全国災害ボランティア支援団体ネットワーク)

■内容:被災地で支援を行う場合のチェックリスト
「新型コロナウイルスの感染が懸念される状況におけるボランティア・NPO等の災害対応ガイドライン」とあわせて、被災地で支援を行う場合に確認するチェックリスト

■詳細:http://jvoad.jp/wp-content/uploads/2020/05/c8d3d383b67b8e7ee654446d2ca0dd74.pdf(外部リンク)


◆「感染症流行期にこころの健康を保つために」サポートガイド(日本赤十字社)

■内容:「こころの健康」を保つヒントとなるサポートガイドです。

■詳細:http://www.jrc.or.jp/activity/saigai/news/200327_006138.html(外部リンク)


◆新型コロナウイルス感染拡大に係るNPO法Q&A(内閣府)

■内容:新型コロナウィルスの感染拡大の影響を受け、NPO法人の総会運営や、事業報告書等の提出についての内閣府の見解が掲載されています。(5月1日付で更新情報あり)

■詳細:https://www.npo-homepage.go.jp/news/coronavirus/coronavirus-qa(外部リンク)


◆よりそいホットライン外国語専門ライン(社会的包摂サポートセンター)

■内容:英語、中国語、韓国・朝鮮語、ポルトガル語、スペイン語、ベトナム語、タガログ語、タイ語、ネパール語に対応しています。

■詳細:https://www.since2011.net/yorisoi/n2/(外部リンク)


◆「こども食堂・フードパントリー開設簡易ハンドブック」(NPO法人 全国こども食堂支援センター・むすびえ)

■内容:コロナウィルス感染拡大に伴い、子ども食堂などの居場所の開催を団体内で協議するときなどに活用できます。

■詳細:https://musubie.org/news/2153/(外部リンク)