福祉教育

青少年等ボランティア福祉体験学習事業

今日、地域における障害者や高齢者・児童の問題を自分達のこととしてとらえ、命の大切さや、人間の尊厳について学び、「ともに生きる」力を育んでゆく「福祉教育」の理念を広めることが求められています。

そのため、ボランティア活動を希望する中学生・高校生等を対象に、地域や社会福祉施設等でボランティアの体験学習を実施することにより、福祉の課題に気づいたり、地域社会とのかかわり・交流の中から、地域の一員として自覚が芽生えるような、きっかけづくりをしようとするものです。

  • 参加者数、受け入れ施設数は
    こちらから → 平成28年度福祉教育関連実績    データベースへ

ボランティア体験学習ノート表紙画像

  1. ボランティア体験学習の心得
  2. ボランティア研修会報告ノート
  3. ボランティア体験学習報告ノート
  4. 資料編
    (1)ボランティア活動とは
    (2)社会福祉協議会ボランティアセンター
    (3)ボランティア活動の心がまえとは
    (4)障害者への手助けとは
    (5)高齢者への手助けとは