災害

平成30年7月豪雨災害

台風7号及び梅雨前線活動の活発化の影響により、西日本を中心に多くの被害が発生しています。
現時点での被災地支援・災害ボランティア情報をお知らせします。
災害ボランティア活動にあたっては、各地で発信する最新の情報を確認してください。

 

◆被害情報の詳細
(総務省 消防庁)災害情報一覧
http://www.fdma.go.jp/bn/2018/

(内閣府)防災情報
http://www.bousai.go.jp/

 ◆災害ボランティアセンターについて
全社協 被災地支援・災害ボランティア情報
※各府県の動き/府県内の災害ボランティアセンターの最新の情報が掲載されています。
https://www.saigaivc.com/

災害ボランティア活動を希望されるみなさんへ

◆各災害ボランティアセンターの最新情報を確認してください

これまでの災害の例では、報道の濃淡により、ボランティア活動に参加する方々の数に大きな違いが生じていますが、報道で紹介されている地域以外でも、多くのボランティアが求められています。

今後、ライフラインの回復や支援ニーズの変化により、災害ボランティアセンターにおけるボランティアの募集範囲は変化します。各災害ボランティアセンターのホームページで発信する最新情報を確認の上、ボランティア活動に参加くださるようお願いいたします。

 

◆ボランティア活動保険に加入ください

ボランティア活動を行う皆さん自身のために、ボランティア活動保険に加入し、加入した証明(加入証など)を持参して現地に行くようにしてください。

ボランティア活動保険は、自宅と活動場所の往復途上も補償されます。被災地では混乱も想定されますので、ご自宅最寄りの社会福祉協議会で加入してください。

ボランティア活動保険には、基本タイプと天災タイプがあります。天災タイプは、地震・噴火または津波によるボランティア自身のケガが補償されます。また、今年度すでにボランティア保険に加入されている際には、重複での加入は不要です。

 

◆自己完結のボランティア活動をお願いします

現在、ライフラインが完全に復旧していない地域も多く、被災地では食料・飲料水等の確保も難しいことがあり、現地でボランティア活動に必要な備品、服装を整えることは困難な状況です。

また災害ボランティアセンターによっては、ボランティア活動に必要な資機材が十分に用意できていない場合があります。

そのため、ボランティア活動に参加される皆さん自身の安全のため、必要な服装や準備をボランティアの皆さん自身で用意いただき、参加をお願いいたします。

ボランティア活動の服装等については、次を参照してください。

https://www.saigaivc.com/volunteers/十分な準備/

とくに今回の災害では、家屋内外の清掃、泥の片づけが中心になります。泥は乾くと舞い上がりますので、マスクをご用意ください。また、目を保護するゴーグルも用意されることをお薦めします。あわせて、スコップなどの資材も不足しています。災害ボランティアセンターの発信情報を確認の上、可能な限り持参していただくようお願いいたします。

 

◆熱中症予防対策をお願いします

被災地では、今後気温の高い予想が出されています。過去の災害でボランティア活動に参加する方々でも、熱中症症状で体調を崩されたり、病院に搬送される状況が生じています。ボランティア活動に参加されるみなさんの体調管理が何よりも重要です。活動にあたっては決して無理をされないようにしてください。

各地の災害ボランティアセンターでご案内している熱中症予防対策や、活動にあたっての留意事項(定期的な休憩時間の確保、活動するボランティアグループメンバーどうしでの交代作業など)も参考としてください。

 

◆被災された方の命と暮らしを守るために

水害のボランティア活動では、家屋内外の清掃や泥の片づけなどの作業が中心になります。ボランティア活動のなかで住民の方からお聞きになった困りごとや心配ごと、お隣や近所の方のようすなど、気になったことがありましたら、災害ボランティアセンターのスタッフにお伝えください。災害ボランティアセンターがつながるさまざまな団体や機関と一緒に、被災された方々を支える制度や活動につなげてまいります。

災害時のボランティア活動の目的は、被災された方々の命と暮らしを守ることです。

義援金・支援金を募集(中央共同募金会)

 社会福祉法人 中央共同募金会では、今回の災害で被災された方々を支援することを目的に、義援金・支援金の募集を行います。

 

◆義援金(平成30年7月豪雨災害義援金)

義援金は、寄付金の全額が手数料等を差し引くことなく被災状況に応じて按分の上、被災県共同募金会に送金され、被災地それぞれの行政、共同募金会、日本赤十字社支部等で構成される災害義援金の募集・配分委員会を通じ、委員会で定める配分基準に基づき各市町村を通じて被災された方々に配分されます。

受付期間は、平成30年7月10日(火)から9月28日(金)までです。

 

◆支援金(平成30年7月豪雨災害 ボランティア・NPO活動サポート募金)

社会福祉法人中央共同募金会では、今回の災害に対して、NPOやボランティア団体による被災者支援活動を応援する支援金の募集を開始しました。支援金は、被災地で活動するNPO・ボランティア団体に助成します。

中央共同募金会の支援金は、東日本大震災や熊本地震でも実施され、被災地のNPO・ボランティアが継続して被災者支援活動に取り組む大きな力となりました。

募集期間は、平成30年7月10日(火)から9月28日(金)までです。

 

社会福祉法人 中央共同募金会ホームページ

ボランティア保険・大規模災害特例適用

 全社協のボランティア活動保険は、今回の災害に際して大規模災害特例を適用しました。

これは災害ボランティアセンターが設置され、災害復旧対応のボランティア活動に緊急性がある場合、被災地の府県社協から全社協への要請に基づいて適用されるものです。

通常は加入申込手続きの完了した日の翌日午前0時から補償開始となりますが、大規模災害特例が適用された場合は、社会福祉協議会で加入申込手続きが完了した時点から即時の補償開始となります。

ボランティア活動保険は自宅と活動場所の往復途上も補償されます。被災地では混乱も想定されますので、極力、ご自宅最寄りの社会福祉協議会で加入してください。

なお、今回は水害被害ですので、天災保障タイプ(地震・津波など)の加入ではなくとも基本タイプの保険で補償されます。また、すでにボランティア保険に加入されている際には、重複での加入は不要です。

観光庁・ボランティアツアーに係る通知適用地域を追加

 観光庁では、災害時のボランティアツアー実施に係る通知の適用となる地域について、9日(月)付で、今回の災害に被災地域を対象として追加しました。

(観光庁ホームページ)災害時のボランティアツアー実施に係る通知の適用となる地域について

(参考)災害時のボランティアツアー実施に係る旅行業法上の取扱いについて(通知)(平成29年7月28日)

 

 

 

<災害ボランティア活動支援プロジェクト会議(支援P)>

被災地の社会福祉協議会等と協働して、主に災害ボランティアセンターの運営支援(災害ボランティアセンターの立ち上げ、資機材の調整、被災地の災害ボランティアセンターホームページの作成・運用による情報発信等)を行っています。

災害ボランティア活動支援プロジェクト会議(支援P)ホームページ

 

<全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)>

国、県及び被災地の行政、また支援を行うNPOや社会福祉協議会等との情報共有を進め、被災された方々の生活支援に向けた連携の促進を図っています。8日から被災地に職員を派遣し、連絡調整を行っています。

全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)ホームページ

 

◆被災地の災害ボラテンィアセンター運営支援のため、九州・近畿の各社協に応援を依頼

都道府県・指定都市社会福祉協議会は、災害時の支援活動について、各ブロック(九州~北海道・東北)で相互に協定を結んでいます。なお、被災地が複数の都道府県にわたるなど、被害が甚大で、都道府県やブロック内での支援では対応しきれない場合、全社協がブロック間の調整を行います。